読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

宮崎駿監督シリーズの中で、この映画が一番好きな理由は…最後は、加藤登紀子の歌で…おすすめ泣ける映画感想レビュー「紅の豚」(ネタバレ注意)。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

日本のアニメ映画「紅の豚」で泣きました。

宮崎駿監督シリーズで決して上位には名が上がらない「紅の豚」ですが、私はこのアニメ映画で泣きました。
一番有名なセリフに「飛べない豚はただの豚だ」というのがありますが、そこではありません。この映画は、人情、愛情、そして、人それぞれの生き様を描いた作品だと、私は思います。

出てくる人物は、言葉をしゃべる豚。これは成人男性で、おじさんの渋い声です。豚ですので、もちろん、まるまるとした体形ですが、動きは俊敏です。
次に海賊、女の子、そして、この映画の鍵となっているのが、このおじさん豚がひっそりと恋心を抱いている、ひとりの女性だと思います。
映画の視点としては、女の子とおじさん豚を中心に描かれ、物語は進んで行きます。その中で、おじさん豚は、女の子に生きる為に必要な、優しさ、強さ、時には覚悟を持って決断をしなければならない時というものがあるという事を教えて行きます。

宮崎駿監督シリーズの中で、この映画が一番好きな理由は、鍵となっている女性にあります。
最後は、加藤登紀子の歌で終わるのですが、その歌が流れたときに、この物語のすべてがまとまり、すべてに理解が生まれ、育ち、考えさせられ、人生の辛さ、待つという事の心強さ、戦い、厳しさなどが一気にこみ上げて、涙が出ました。

そうです、私がこの映画で泣いたのは、最後の歌のシーンです。
「時には昔の、話をしようか、通いなれたなじみの、あの店」で始まる歌は、いつまでも私の中で響く歌になり、映画になりました。

ありがとう寄稿。

上戸彩演じる笹本紗和と齋藤工演じる北野裕一郎が不倫の末に貸別荘に駆け落ちするも、結局はお互いの家族に引き離されて二人の恋は終わりを迎えます。さらに紗和は夫とも離婚して1人で生きていく結末。

不倫をテーマにしたドラマ:上戸彩演じる笹本紗和と齋藤工演じる北野裕一郎が不倫の末に貸別荘に駆け落ち・昼顔-平日午後3時の恋人たち/最終回・結末の感想ネタバレ注意!あらすじ。 #テレビドラマ | 安心の在宅ワーク!稼ぐ人の口コミ・ブログライティング。