読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

メンタリスト/最終回・結末の感想ネタバレ注意!あらすじ・元霊能力者のジェーンは、「レッド・ジョン」という殺人鬼に妻子を殺され、警察の心理コンサルタントと…。 #テレビドラマ


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

メンタリスト最終話・嘘つき男は幸せになれるか?

内容紹介や簡単なあらすじ。

元霊能力者のジェーンは、「レッド・ジョン」という殺人鬼に妻子を殺され、警察の心理コンサルタントとなって犯人を追っていた。ついに犯人を見つけ出し復讐を果たしたジェーンは行方をくらませていたが、FBIに協力する代わりに殺人の罪を免責され、再び元のチームで殺人事件を解決していくことになる。

好きだった出演者や登場人物、キャラクターに関して。

とにかく主人公のジェーンが複雑な人物で魅力的に描かれています。いつも軽薄で愛嬌のある笑顔にもかかわらず、心の奥底には復讐と自責の念を抱えています。相手の心理をズバズバと読み取ってしまい、それを口に出してはひんしゅくを買うのですが気にした風もなく、リズボン捜査官をはじめとするチームメンバーを振り回すこともしばしば。それでも彼なりの信念は周囲に理解され、信頼されていきます。

最終回を見ての感想、終わって感じたことなど。

最大の山場であるレッド・ジョンは解決してしまい、残るはリズボンとジェーンの関係ですが、はらはらしながら見ていました。リズボンを引き留めようと殺人事件をでっちあげるジェーンのひどさに笑ってしまい、最終的には飛行機に飛び込んで逮捕されながら愛を告白するジェーンに不覚にも感動してしまいました。いつも軽口や嘘ばかりで素直に心をさらけ出すことなどできなかったジェーンですが、この年月の間に確かに変わることができたと実感できた瞬間でした。最高の終わり方だと思います。

☆今日のブログ飯(晩ごはんだけ)

気候変動誘発局との攻防戦が本格的になってくる巻です。それまでの巻の話は一冊でエピソードが完結していたのですが、この巻は一応の落ち着きのあるところで終わっていますが、まだ事件は解決していません。次巻に続くとなっています。

感想・書評「気象精霊記 File-4:海底火山とラッコ温泉:清水文化」ネタバレ注意・気候変動誘発局との攻防戦が本格的になってくる巻(レビュー)。 #読書 - ナカノちゃんねる

一度は失いかけた気持ちが仲間でもある「TETSU」の活躍にもよって復活するのはかなり見物にもなってくるものです。

Doctor k-ドクター・ケイ1巻第11話「医学の力」(真船一雄)感想&あらすじ・仲間でもある「TETSU」の活躍にもよって復活…ネタバレ注意。 #マンガ - 面白い漫画を教えてください。