読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

生後7ヶ月子育て体験談・ずり這いは、ほふく前進のように進まず…なぜかバタフライのように。 #育児


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

生後7ヶ月の日常とできるようになったこと

生後7ヶ月ごろは、ずり這いが少しずつ進むようになっきて、お座りもちょっとずつ自立してきたころです。
ずり這いは、ほふく前進のように進まず…なぜかバタフライのように両手で進んでました。ここからいつかほふく前進のように片手ずつになるかな?と思っていましたが…結局最後までバタフライのまま、その後ハイハイになりました。ずり這いが進むようなったと言っても、ほんの少し。1mも自分で進めば、かなり進んだ感じ!

一人遊びも上手になって、自分の手をオモチャにしてよく遊びました。目の前でヒラヒラしてみたり、反対の手でクルクルしてみたり、目の前にある物、触れるものに興味津々です。いろんな物が触りたくて、そこまで行きたいんだけど、行けるのは気持ちだけ。ずり這いが進まず、泣いて怒ることもよくあります。
お座りも、座らせてあげるとフラフラしながらも少しの間、1人で座ってます。ただまだまだ不安定なので、気をつけて見てないとひっくり返って、頭をぶつけて泣いてます。ひっくり返ってもそこからまだ体制を立て直すのはちょっと難しい。
ストローの練習を始めたのも、この頃です。2回食になり、ストローも練習してお茶が自分で飲めるようになりました。ストローが使えるとママはかなりラクになりますね。