読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

病院ではお勧めされなかった添い乳を始めてしまい(落ち着いて育児ができるはずなのに)生後3ヶ月子育て体験談。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

生後三か月やっと落ち着いて育児ができるはずなのに

赤ちゃんが生後3か月になるということは、ママもママ歴3か月ってことで少し育児に慣れてきたかな?という頃だと思います。
まだまだ四六時中見ていないと心配なころですが、新生児のころよりまとまって寝てくれるようになるのではないのかと思います。

世の中一般の子供がそうでも全員がそういうわけではなく、我が家の娘は基本寝ない子である意味新生児よりも大変でした。母乳を飲む量も増えてきたのですが、母乳を作る機能の方が追い付かづもっと飲みたいと泣かれ、ベットに寝かすにも新生児のころならちょっと置いたくらいでは起きなかったのに、新たなセンサーが付いたのか背中が付くだけで泣いて起きてしまっていました。
まあ、それだけ成長したってことなんでしょうが、母としてはまとまった睡眠をとりたいと思っていても母乳の時間には飲ませなければいけないわけで、かなりハードな生活だったのですが、3か月も終わりのころになると、病院ではお勧めされなかった添い乳を始めてしまい楽をすることを母親も覚えて成長していったのです。
しかし、この添い乳を母親も覚えたと同時に、子供も覚えてしまいその後かなり乳離れさせるのに苦労するとは当時の私は気が付いていませんでした。