読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

舛添氏に期待したいことは,無意味に波風を立たせることなく,粛々と都政を前に進めてほしい/東京都知事選2014ブログ世論調査。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

都知事選2014 -順当な結末ー

 今回の都知事選は,元厚生労働大臣の舛添要一氏の当選に終わった.下馬評でも有利が伝えられていた同氏が順当に勝利したと言えるだろう.舛添氏に期待したいことは,無意味に波風を立たせることなく,粛々と都政を前に進めてほしいという一言に尽きる.

 今回の都知事選では,なぜか原発再稼働問題が争点の一つになっていた.これに関して私が抱いていた違和感は以前書いた通りである.選挙結果を受け,まるで「民意を得た」と言わんばかりに,原発をベース電源として維持していく考えが政府から示された.当然私は,都知事選を以て民意を得たとする考えにも否定的である.それにしても,反原発派としては,「余計なことをした…」という思いなのではなかろうか.場違いにも原発問題を都知事選の争点に持ち出したばかりに,逆に原発再稼働推進への足掛かりを与えた格好になったのだから.反原発候補の一本化に失敗したことも含め,「原発のない国づくり」への戦略を誤ったとしか言いようがない.
 私自身は今回の選挙結果に関して,都民が特定の争点にとらわれることなく総合的に冷静な判断を下した結果と受け止めている.舛添氏の他,宇都宮健児氏,細川護煕氏,田母神俊雄氏が主要候補であったが,この中では舛添氏が最も政治経験が豊富,かつ失点が少なく,また思想・政策的に偏りの少ない人物と言える.エキセントリックな石原慎太郎氏,スキャンダルにまみれた猪瀬直樹氏の後を受け,都民は安心感・安定感のある都知事を求めたのではないだろうか.