読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「きりこについて/西加奈子」ネタバレ注意・野良猫だったラムセス2世と運命的な出会い:ぶすだってかわいいのである(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

きりこについて/西加奈子 ぶすだってかわいいのである

物語の主人公「ぶす」なきりこときりこを取り巻く人物や出来事について、飼い猫のラムセス2世が語っていくお話です。
家族からの愛情をたっぷりと注がれたきりこは、自分の顔の造形が言いようもないくらいの「ぶす」だということをこれっぽっちも感じたことがなく、むしろ誰よりもかわいいと思いながら大きくなっていきます。小学生のころ、学校の体育館裏で野良猫だったラムセス2世と運命的な出会いを果たします。その後、初恋の男の子から「ぶす」と言われたことをきっかけに、失恋や友だちの勢力交代と次々ときりこにとって苦しい現実が突きつけられていきます。「ぶす」として、すっかり自信喪失のきりこは数年間、夜しか出歩かない半引きこもりとなりますが、その間にいつのまにか身についた予知夢の能力とラムセス2世とともに、周囲の人間を悲しさや辛さから救いだす経験を重ねていきます。ラムセス2世や周囲との友情・信頼関係を築くに連れて、外面という入れ物部分がたとえ「ぶす」であっても、自分は自分であり、自分を満たし、実現させていくのは自分次第なのだと気づきます。自信を常に持ち続けることは難しいし、他人を自分を比べ悲観したくなることもたくさんあります。その都度、自分にないものばかりを考え、追いかけてしまいますが、きりこのように自分自身を幸せにしてあげるための思考や行動、それが周囲のためになり周囲もそれに応えてくれる。自分もきりこのようにならなくては!と元気がでてくる作品です。また語り手となるラムセス2世の言葉選びのセンスには脱帽です笑。

ありがとう寄稿。

今週は、ゲストに俳優の菅田将暉と「ジャニーズWEST」の重岡大毅がゲストで登場しました。今日の気になる授業は、身近な火災を紹介していた企画でした。紹介された火災の原因が本当に身近な物ばかりで気をつけなくてはと感じました。

世界一受けたい授業/テレビ感想&あらすじネタバレ注意・俳優の菅田将暉と「ジャニーズWEST」の重岡大毅がゲストで登場。 #TV | 安心の在宅ワーク!稼ぐ人の口コミ・ブログライティング。