読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「新選組血風録:司馬遼太郎著」ネタバレ注意・監察型の山崎烝さんがたくさん出てきたのは嬉しかったですね(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

「新選組血風録」司馬遼太郎著、司馬遼太郎の新選組が大好きだ

「新選組血風録」は、短編集で闇討ち暗殺話がてんこもりとなっておりますが、個人的に監察型の山崎烝さんがたくさん出てきたのは嬉しかったですね。彼も好きな隊士の一人です。色々な話が入っていますが…「虎徹」は刀剣の事を考えると胸熱です。近藤勇らしさが描かれていて私は好きですね。あと「沖田の恋」はなんとも言えず切ないばかりですね…。もう近藤さん!と言ってやりたい気持ちになりますが、彼にとっては良かれと思っての行為であったし、そんな近藤さんのことをよく知り慕っている沖田さんならではの切なさがあります。
言わずと知れた名作「新選組血風録」「燃えよ剣」、やっぱり私の中で一等好きな新選組小説です。私は司馬遼太郎さんの新選組がとても好みです。まず第一に人物像それぞれが私のイメージする理想像にとても近いのです。ただでさえ読みやすいものがそれもあって更にすらすら読めた気がします。それと私は中でも沖田総司好きなので、彼の登場、台詞の多さも好きな所以です。土方さんとのやり取りの面白さといったらないですよ。たまらなく可愛いです。ちなみに司馬遼太郎さんの土方さんは思った以上に優しかったです。そして予想通り面白いです。隊士達がたくさん喋ってくれることがまず嬉しく、楽しい部分です。血風録は血腥いかもしれませんが、新選組の京での活躍が詰まっていますし、ふと読み返したくなる大事な一冊です。

ありがとう寄稿。

感動した映画は数あれど、パッと頭にすぐ浮かぶのはやはり『八日目の蝉』。自分の知らないところで起こったことにより、人生を狂わされてしまった女性。自分が起こしたことではあるが、命をかけて愛おしみ守ろうとした女性、ある日突然見舞われた不幸により愛する者を奪われ、またある日突然手元に戻され、愛し方が分からなくなってしまった女性。

真の被害者って?母性って?感想レビュー「八日目の蝉」おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。 - みんなの政治経済ブログ。