読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「福沢諭吉の「学問のすゝめ」橋本治」ネタバレ注意・明治維新による近代化に伴う政府の樹立や民主主義の導入など、当時の人々にとっては理解しがたい出来事であった(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

福沢諭吉の「学問のすゝめ」  橋本治 学問のすゝめの魅力

明治五年に「学問のすゝめ」が出版されて明治五年20万部も売れ大ベストセラーとなった。しかし、これだけ有名になったにもかかわらず内容は広く知れ渡ってはいない。明治維新による近代化に伴う政府の樹立や民主主義の導入など、当時の人々にとっては理解しがたい出来事であった。こういった問題に助言を示したのが福沢諭吉である。
私がこの本を好きになった理由はここにある。なぜなら、「学問のすゝめ」は時代の変化の流れにいかにして対処していくのかを助言してくれている本であるからだ。例えば、現代日本はまだまだ学歴社会である。将来の就職に備え、教育機関に与えられた課題を受動的にこなしてテストや試験に合格するのが普遍的な目標になっている。しかし、そのシステムも国際社会化に伴い変化の兆しを見せている。勉学とは、ただ与えられたものを事務的にこなしていくのではなく、まず自身でそれが「実学」かどうかを判断し、己の愚かさを勉学を通じて改めることである、と福沢諭吉は説いている。なぜ「学問のすゝめ」が今もなお読まれ続けているのか、
出版当時の日本の歴史的状況をわかりやすく著者の橋本治が解説し、時代を超えてなお愛されるその秘密に迫る一冊。

ありがとう寄稿。

こういうところがあるから、高嶺からなぜか目が離せなくなる魅力を感じてしまいます。26歳である高嶺の貴重な学ラン姿も見られて、花も満足できた文化祭となったようでよかったです。

高嶺と花5巻(師走ゆき)感想ネタバレ注意!あらすじ・高校の文化祭でメイドカフェをやることになった花…。 #COMIC - 面白い漫画を教えてください。