読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

おすすめ洋画・映画感想レビュー「サウンド・オブ・ミュージック」評価・監督は巨匠ロバート・ワイズ、舞台は第二期世界大戦前夜のオーストリアのザルツブルグ…(ネタバレ注意)。 #MOVIE


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

今見ても感動!「サウンド・オブ・ミュージック」

ミュージカル映画「サウンド・オブ・ミュージック」は1965年に公開されたアメリカ映画です。監督は巨匠ロバート・ワイズ。公開されるや世界にセンセーションを巻き起こした「ウエスト・サイド・ストーリー」の監督ですね。ストーリーをご紹介します。舞台は第二期世界大戦前夜のオーストリアのザルツブルグ。ジュリー・アンドリュース演じる修道女のマリアがトラップ大佐の7人の子供の家庭教師になります。

歌の楽しさや遊びの楽しさを教えるマリアと、厳格なトラップは対立するものの、しだいに心が惹かれあってやがて結婚します。幸せなひと時。でもナチスのてが及ぶことになり、トラップ一家は故郷ザルツブルグを脱出することにします。果たして一家は?ジュリー・アンドリュースは特別美人というわけではないけれど歌声がすばらしいし演技もすばらしい!広い草原にマリアが現れて「サウンド・オブ・ミュージック」を歌うオープニングシーンから、ぐっときてしまいます。またなんといっても音楽のどれもがすばらしいです。歌に心躍り、ストーリーにハラハラしたりちょっと胸がきゅんとしたり本当にこの作品には映画の魅力がいっぱい詰まっています。昔、劇場でリバイバル上映を見た私。今観ても感動してしまいます。ミュージカル?いきなり歌って不自然じゃん!という方にも観ていただきたいです。

サウンド・オブ・ミュージック。

「サウンド・オブ・ミュージック」は、家庭教師のマリアが、音楽の素晴らしさを子ども達に教えていく物語です。
物語の中には、恋愛や国にかかわることなど、いくつもの物語が盛り込まれています。

おすすめ洋画・映画感想レビュー「サウンド・オブ・ミュージック:ジュリー・アンドリュース主演」評価・家庭教師のマリアが、音楽の素晴らしさを子ども達に教えていく物語…(ネタバレ注意)。 #MOVIE - みんなの芸能ブログ。

ありがとう寄稿。

怖いような、でも読むのを止めることができない興奮。この馬一頭と女ひとりはこの先どうなってしまうのか…この初めの段階でグッとこの話の世界に引き込まれます。

感想・書評「颶風の王(ぐふうのおう)河崎秋子」ネタバレ注意・2015年に三浦綾子文学賞を受賞した作品です(レビュー)。 #読書 - みんなの芸能ブログ。