読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

おすすめ洋画・映画感想レビュー「LIFE!」評価・ベン・スティラー主演、ネガ管理部で働いているウォルターは毎日変わり映えのしない日々を…(ネタバレ注意)。 #MOVIE


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

これまでと違う人生へ踏み出す勇気をくれる映画「LIFE!」(ベン・スティラー主演)

自分がぜひともおススメしたい映画は2014年に日本で劇場公開された作品「LIFE!」です。
有名な週刊誌「LIFE」のネガ管理部で働いているウォルターは毎日変わり映えのしない日々を送っていました。
登録してた出会い系サイトでシステムトラブルがあってサポートセンターに電話したとき自分のプロフィールに空欄が多いと指摘されても、自分は特別な場所にも行ってないし特に変わった体験もしていないと改めて気付かされます。
しかしある日出勤するとLIFE誌が突如買収されたと知らされ、LIFEは休刊になると知らされます。
そしてウォルターの馴染みの写真家から送ったネガを最終号の表紙に使ってほしいと電報が会社に届きますが、いくら探してもそのネガが見つかりません。
ケータイも持たない変わり者の写真家とは連絡がとれず、一緒に送られてきたほかのネガを現像してそこに写ってた写真を彼の足取りのヒントにしてウォルターは写真家を捜しにグリーンランドへ出発します。
そしてそれがそれまでただ繰り返すだけの毎日を送っていたウォルターを思いもかけない冒険の日々へと導いていきます。

この作品で魅力的なのはそこからウォルターが体験する数々の冒険の光景です。
写真家の行方を追ってやってきたグリーンランドのパブで酔っ払いのヘリのドライバーに絡まれて殴られそうになったとき彼の親指にはまってたリングが写真に映ってたものと気付いたり、そのドライバーの無茶振りでヘリから船に飛び移ろうとしたら海に落ちてサメと格闘したり、手がかりを求めてやってきたアイスランドでは地元の子どもと伸びる人形とスケートボードを交換して美しいアイスランドの自然をバックに昔やってたスケートボードで思う存分ほかに誰もいない道路を疾走したと思いきや、今度はアイスランドの火山が噴火して車で必死に逃げたりと波乱万丈な出来事が続きます。
さらに同僚から連絡を受けて一度会社のあるニューヨークに戻ると、母親のもとに写真家が数日前に立ち寄っていたことを知ります。
メモに残されたキーワードをヒントにGoogleで検索してみると検索結果に出てきたのはなんと危険地帯と言われるアフガニスタンでした。
そして写真家の行方を追って旅立ったアフガニスタンでも数々の冒険が待っています。
雇った二人のガイドに旅の無事を祈る儀式として木の枝で顔をはたかれたり、怖そうなアフガニスタンの部族軍長に道を通行する許可をもらうため母が作ったケーキを差し出すとたいそう満足していい笑顔をされたり、雪の降り積もったヒマラヤ山脈を登ったり、そこでようやく見つけた写真家と地元の人々と一緒に荒野に落ちる美しい夕陽を浴びながらサッカーをするなど、普通に働いていたら絶対に経験しなさそうな出来事を次々と体験していきます。
それまで彼は突拍子もない空想の世界に浸るのが趣味のようでしたが、そんな空想の世界を遥かに越えるようなエキサイティングな出来事の数々が彼の退屈な生活を一変させていきます。
就職してウォルターのように毎日毎日同じような繰り返しの日々を送っている人も多いかもしれません。いつしかそんな日々にも慣れきってしまった人もいることでしょう。しかしこの映画を観ると彼のようにいつもと違った体験をして人生を充実させてみたいという意欲や勇気が湧いてくるかもしれません。何か毎日に物足りなさを感じたりしている人にはぜひ一度観てほしい映画です。

加えてこの映画で注目すべきところは音楽の使い方が素晴らしいところです。
ウォルターが写真家の手がかりを求めてグリーンランドへ旅立とうと決心したところで「世界を見よう、危険でも立ち向かおう、壁の裏側をのぞこう、もっと近づこう、お互いを知ろう、そして感じよう、それが人生の目的だから」というLIFE誌のスローガンが次々と画面に映り、彼の旅立ちを祝福するかのようにTHE ARCADE FIREの曲「WAKE UP」の壮大なコーラスが流れます。
さらにグリーンランドでヘリに飛び乗るときにはデヴィッドボウイの名曲「space oddity」が流れます。
この曲には未知の世界へ行く勇気を讃えるというテーマがあり、まさにこれまでの生活とは違った冒険に踏み出そうとしているウォルターの背中を後押しするという絶妙なタイミングで使われているというのが素晴らしいです。
ほかにもアイスランドの美しい風景を見ながらスケートボードで疾走するときに流れるしっとりした爽やかな曲、アフガニスタンでの体験の時に流れる叙情的なアコースティックギターが印象的な曲など、ウォルターの冒険を彩ってくれる音楽の数々がとても印象に残ります。
「LIFE!」を観るときには音楽の使い方にもぜひとも注目してほしいです。

ありがとう寄稿。

朝一番驚いたニュースです。眠気も吹き飛びました。前向きな理由の解散ならまだいいですが、何やら大人の事情がありそうで、不穏な空気を感じます。

SMAP解散解散の報道に関して「新聞社の早とちりかと思っていたら、事実のようで驚き」ジャニーズを辞めて独立するそうですが、メンバーの今後はどうなるのでしょうか。 - ナカノ実験室