読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

安保法案が可決され、今後の日本はより安全になるのでしょうか・2015年ニュース振り返り・マスコミは民主党・共産党・社民党の反対意見や、反対デモばかり飽きるほど報道していました。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

安保法案が可決され、今後の日本はより安全になるのでしょうか

2015年のニュースと言えば、連日テレビを賑わせた安保法案が成立したことでしょう。
何故かマスコミは民主党・共産党・社民党の反対意見や、反対デモばかり飽きるほど報道していました。
何度も何度もマイナスイメージの報道を繰り返されていたので、安保法案は良くないものとすり込まれている人も多いのではないでしょうか。
しかし、自分で調べて自分で考えるとそうでないことが分かります。
私は自民党ホームページで安保法案を一言一句逃さず拝見しましたが、どう悪意のある解釈をしても「戦争法案」「徴兵制」という無責任なレッテル貼りとはほど遠い内容だと思いました。
どちらのフレーズも、国会審議中に民主党及び共産党が勝手に使い出した言葉を、マスコミが何度も連呼しただけであって事実ではありません。
日本国憲法において、徴兵制は認められていません。中学生でも分かります。
戦争法案などという恐怖心を煽る言い換えも、中身で反論できない野党がよく使う戦法ですね。
実際に民主党の岡田代表は、過去に集団的自衛権を認める発言をしていて自己矛盾に陥っていますし。
また、野党及び反対デモ参加者は勝手に「違憲」と決めつけていましたが、これも解せません。
違憲かどうかを判断するのは、最高裁判所だけであって、政治家でも学者でもありません。
勝手に違憲扱いする方が、法治国家たる日本のルールを破っていると言えるのです。
また、安保法案に反対の立場を表明していたロシア、中国、韓国も自分たちはしっかり集団的自衛権を行使できるようになっています。
欧米やアジア各国は日本の集団的自衛権に賛成の立場を取っていますから、どちらが世界標準の考えなのかは、火を見るよりも明らかですね。
いずれにせよ、世界各国を見ても、国際法を考えても、集団的自衛権を行使できないのはスイスと日本だけなのであって、やっとまともに自衛できる国に近づいたと考えることができます。

ありがとう寄稿。

ああやっぱりな、という感じだったのですが、血が流れるシーンはやはり衝撃的でした。中山美穂的にはかなり複雑な気持ちだったと思います、ずっと信用していた相手ですから…。

眠れる森/最終回・結末の感想ネタバレ注意!あらすじ・犯人は中山美穂の旦那となる仲村トオルでしたね…。 #テレビドラマ - みんなの政治経済ブログ。

仕事辞めてお寺のお嫁さんになると宣言し、退職届まで出したのにおばあ様に認めてもらえないシーンはとても心が痛みました。

5→9~私に恋したお坊さん9話/ドラマ感想&あらすじ・仕事辞めてお寺のお嫁さんになると宣言し、退職届まで出したのにおばあ様に認めてもらえないシーン(ネタバレ注意)。 #DRAMA - ナカノちゃんねる