読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「殺しの双曲線:西村京太郎」ネタバレ注意・双子を利用したトリックをやりますと明言している(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

本のタイトル:殺しの双曲線 著者:西村京太郎 一言感想:ダブルの双子トリックがわからなかった。

この「殺しの双曲線」というのは西村京太郎氏のサスペンスの小説です。この小説のまず1番面白いところは冒頭にこの小説では双子を利用したトリックをやりますと明言しているところでありましょうか?西村京太郎氏は双子のトリックはあらかじめそれを知らせていないとフェアではないという考えがあるようでこの宣言からして読者を「では一体どんな双子のトリックがあるのだろうか?」と引き込んでいくのに十分な入り方だと思います。

小説は東京での双子を利用した強盗事件と宮城県の山奥の山荘で起こる殺人事件とが両方描かれて進行していきます。小説の中盤辺りまでこの2つの事件が全く接点を持たないまま展開していくので私もいつこの2つの事件が接点を持って絡み合うのか気になりながら夢中になって読み進めました。最後の方になってやっとこの2つの事件の接点が明らかとなり、双子のトリックというのも東京の強盗事件のことではなく、宮城県の連続殺人事件の方であることが明らかにされます。この小説はアガサクリスティーの「そして誰もいなくなった」をモチーフにしており、双子のトリックと合わせて興味深く読み進められる作品に仕上がっていると感じます。