読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

書評・感想「ひみつのきもちぎんこう ふじもと みさと (著), 田中六大 (イラスト)」本の内容から知りたいことはなにか・読書感想文の宿題で選んだ本(ネタバレ注意)。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

ひみつのきもちぎんこう ふじもと みさと (著), 田中六大 (イラスト)

本の内容から知りたいことはなにか、自分がいつもいる場所のことだとおもう。自分はどのようにして生活しているのか、また、どうやって生きてきたのか、考えて、その本から読み取れる内容を知りたい。本にある内容として、たくさんのことがある。自分の身近なことであり、過去にもたくさんあったことだ。光があり、色があり、それぞれのものによってあふれていた。身近なことのようにおもうことで、よくしたことは、どこかにいくことだった。

場所によって違うが、それはどれも探検のようであり、いつもいっていた場所がまるで、別のところのようにしておもった。それぞれ新しい経験をして、それは日常においても同じだった。同じことを何度も繰り返して、日常で、べつべつのことのようにうつるがなんどもある経験は、日常繰り返される出来事であり、普通のことだったかも知れない。不思議なことのようにおもった過去のことは、日常のことであり、いつもあることだ。それがまるで今でも続く現実のように同じ事を繰り返しているかのようだ。

ありがとう寄稿。

忘れもしない中二の夏休み、私が宿題の読書感想文を書くために選んだのが、新潮文庫の100冊にも選ばれていた、夏目漱石の「こころ」でした。読み始めて「あー、失敗したな」と思ったのも懐かしい思い出ですが、こんな三角関係のもつれで人が自殺したり、その罪の意識にさいなまれて、時間がたって命を絶つ人の話など、読みたくないなぁーと思ったのも事実です。

三角関係のもつれで人が自殺したり、その罪の意識にさいなまれて、時間がたって命を絶つ人の話…書評・感想「夏目漱石著:こころ」中学二年生読書感想文の宿題で選んだ本(ネタバレ注意)。 - ナカノ実験室