読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

孤独のグルメSeason4第1回「東京都清瀬市のもやしと肉のピリ辛いため」感想&あらすじ・ジャンボ餃子なのにハーフなんてあるんだ…(ネタバレ注意)。 #ドラマ


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

7月9日放送 孤独のグルメSeason4 第1回 東京都清瀬市のもやしと肉のピリ辛いため

待ちに待った「孤独のグルメ」がまたはじまりました。
このドラマは深夜放送なので寝る前に見るとお腹が減ってしまって大変なのですが、家族で見てしまいます。

毎度おなじみ、サラリーマンの五郎さんが仕事帰りにお腹を空かせて、至福の時間を求めて東京都清瀬市を彷徨って見つけたのは「みゆき食堂」というお店。
壁一面に並ぶ大量のメニューに目移りしてしまう事間違いなしの店内。

「もやしと肉のピリ辛いため」「味噌にんにく唐辛子入り」「ジャンボ餃子ハーフ」「焼き鳥」を注文していました。
ジャンボ餃子なのにハーフなんてあるんだ……と見ながら突っ込みを入れつつ、美味しそうに食べてる五郎さんが毎回うらやましい。

前シーズンは「デザート」の紹介もあったのですが今回からはまた最初のころのような「食事のみ」紹介する形式に変わりましたね。
あまりにも食品を紹介しすぎるのはいかがなものか……と前回思っていたので、今回食事だけに切り替えたのは懸命な判断だと思います。
前半はちょっとした五郎さんの仕事のやりとりだけで十分面白い(まったりできる)と思います。
今回は五郎さんが取引先のめがね屋店主にサングラスを進められて試しに掛けていましたが、なんだか怪しさ満点な雰囲気で面白かったです。

そしてこの番組の特徴でもある、最後に原作者が実際訪問するシーンも健在で楽しめました。
今回はラーメン(小)を注文してましたね。
小とうたっているのに2~3人で食べるであろう量に原作者も私もびっくり!

次回も五郎さんの食べっぷりを楽しみにしてます。