読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

集団的自衛権に賛成意見・永遠の0:悲惨な戦争ではあったが、私たちの祖先は誇り高い人たちだったはず。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

永遠の0:悲惨な戦争ではあったが、私たちの祖先は誇り高い人たちだったはず。

まず、どの内閣もリスクを恐れて手出しでこなかった、集団的自衛権の行使容認に取り組んだ安倍総理に拍手を送りたいと思います。

私は集団的自衛権の行使容認に賛成します。

というか、国連の加盟国であり、常任理事国入をめざす先進主要国であり、自主防衛を確立することも不可能というならば、集団的自衛権は保持する以外に選択肢はないと思います。

安倍総理のコメントのように、集団的自衛権を不保持ならば海外に住む邦人にもしもの事態があったとき、自衛隊は最善を尽くすことができないという点からも、国際社会の道義的な観点からもそうだろうと思います。

反対の人は憲法9条を引き合いに出しますが、憲法は9条だけから出来ている訳ではありません。
基本的人権である生存権や幸福追求権など様々なことを勘案したならば、自衛権は当然持ってしかるべきであるということで自衛隊は存在します。そして集団的自衛権はその名の通り、広義には自衛権です。

集団的自衛権を認めることで安倍総理を軍国主義者だとか、日本の右傾化だという人がいますが、とんでもない事です。
その理屈では集団的自衛権を否定していないほとんどの国も軍国主義ということになります。いったい集団的自衛権を否定している国がスイス以外何ヵ国あるのでしょうか。

そして批判するならば、集団的自衛権をもたずして、邦人救出の具体的オプションを一つでも提示できなければ、取るに足らない無責任な発言に過ぎないと私は思います。

日本だけが銃を手に取らなければ、「平和を守れる」という考えがもはや通用しないことは、国際社会について少しでも関心がある人にとっては常識ではないでしょうか。

中国、韓国の反対はありますが、逆に中国、韓国以外で反対の国があるのでしょうか。彼らは日本が集団的自衛権を認めることで強くなることを嫌がっているに過ぎません。要するに自分の都合なのです。

日本は普通に独立国に数十年遅ればせながら成長しようとしているだけです。恐れたり警戒するような事ではないのです。