読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

加納係長役の渡瀬恒彦さんの死去で、とてもつらいスタートに「警視庁捜査一課9係1話」【テレビ感想2017年ネタバレ注意】。 #TV


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

テレビ朝日「警視庁捜査一課9係」第1話

毎年4月に楽しみにしているドラマです。加納係長(渡瀬恒彦)をはじめに、浅輪(井ノ原快彦)小宮山(羽田美智子)村瀬(津田寛治)青柳(吹越満)矢沢(田口浩正)の6人が、チームワーク良く、時には、人情ありで、事件解決は、とても素敵です。12年目も、お馴染みで、スタートするものと思っていました。

しかし、加納係長役の渡瀬恒彦さんの死去で、とてもつらいスタートになってしまいました。ドラマ内でも、以前のシーンの、渡瀬恒彦さんが流されると、とても悲しくて、涙が出てしまいました。
第1話は、どんな風になるのかと思っていましたが、係長が5人の中に、生きているようで、係長の影が感じられました。5人の意気込みも感じられました。今シーズン、いつものような良いドラマを期待しています。