読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

CDTV春スペシャル卒業ソング音楽祭2017【テレビ感想2017年ネタバレ注意】雛壇に数名のタレントが座っていて、その中に西野カナやPerfumeが居たんですね。 #TV


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

CDTV春スペシャル卒業ソング音楽祭2017/2017年3月30日放送

先日放送されたカウントダウンTVの卒業ソングスペシャルを見ていました。雛壇に数名のタレントが座っていて、その中に西野カナやPerfumeが居たんですね。森山直太朗の「桜」などから始まり、歌い終わったら雛壇に座ってトークをするといった流れ。途中で西野カナが消えて、しばらくすると彼女の歌が始まりました。
(あ~・・Perfumeも準備してるんだろうな・・・)なんて思いながらTVを眺め見ていると、お約束の「感動ドラマ」や、「ドキュメント」を挟みつつ、滞りなく進行していく番組。人が入れ代わり立ち代わりしている中にNEWSが混じっていたのですが、まぁ別に気にも留めてなかったんですね。
番組も終盤、残りも後3曲。あ、一曲終わったあと少しだ・・。そこでPerfumeの出番がやってきました。楽曲は「TOKYO GIRL」。彼女らの広島時代からのフラッシュバックと共に見事なパフォーマンスを見せてくれて大盛り上がり。これで終わりかと思いきや・・・。

「最後にお待ちかねのNEWSです!」

いや、待ってないし・・・。どうせならPerfumeが大トリでしょ?NEWSがラスト?百歩譲ってせめて嵐だろ?世界が認めたグループだぞ?格が明らかに違う、いや違いすぎるだろ?何考えてるんだ!
メインディッシュの後の「デザート」にしてもちょっとがっかりでした。
いや、NEWSが悪いんじゃないんです。彼らは彼らで頑張ってるんです。ただ・・・。

「上には上がいる」

というだけの事。ある意味「被害者」なのかもしれません。Perfumeが締めのほうがよかったのになぁ・・・。事務所パワーのせいなのでしょうか?残念でした。