読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

ディズニーらしいファンタジーな世界観と深いメッセージ性・映画感想レビュー「アナと雪の女王」評価ネタバレ注意。 #MOVIE


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

『アナと雪の女王』は、前評判以上に、惹き付けられるような面白さがあった

空前絶後の大ヒットとなった『アナと雪の女王』だが、タイミングが合わずにこれまで1度も観ることが出来なかった。気にはなっていたのだが、観れなかった。しかし先日、DVDにて初めて視聴した際、ディズニーらしいファンタジーな世界観と、一見ありきたりなようで、実はそうでない深いメッセージ性を感じることが出来た。

他にも、劇中には公開前から話題になった『Let it go』をはじめ、様々な挿入歌もあり、まるでミュージカルを観ているかのような感覚に陥った。また、悪役の本性が発覚するのが物語の終盤に存在することも、それまでの作品との差別化が図られており、これまでと違った衝撃が得られた。最終的に映画のテーマが愛は愛でも『姉妹愛』『家族愛』である事を知った時は、非常に感慨深いものを感じた。キャラクターにおいては、個人的に雪だるまのオラフが可愛くて好きになった。また、運命の王子様が実は悪役と知って以降、挿入歌の『とびら開けて』に対して複雑な思いを感じるようになった。