読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「筒井康隆著のエッセイ:偽文士日碌」ネタバレ注意・ブログで綴っている日記が書籍化されたものです(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

筒井康隆著のエッセイ 偽文士日碌

この本は、筒井康隆がブログで綴っている日記が書籍化されたものです。2008年から2013年までの、著者の身辺雑記なのですが、実に興味深く読みました。第一に感じたのが、70代後半であるにもかかわらず意欲的であることです。作品への情熱、書くことへの執念のようなものはすさまじく、その気力はまだまだ衰えないようです。

また、彼はホリプロのタレントとしての一面もあり、TVに出演したりと、とにかくめまぐるしく、神戸と東京をいったりきたりと多忙な日々を送っています。そんな中で、さまざまな文学賞の審査をしたり、受賞のパーティーに出席をして色々な作家と顔を合わせるのですが、そうした際に同年代の作家とはもちろん、子供のような年齢の作家たちとも何の垣根もなく、フラットに小説について語り合えているのはさすが、と思いました。そんな忙しい日々を過ごす彼ですが、食生活の一端がうかがえるのも楽しかったです。とにかく、良く食べる、しかもものすごいグルメ。そして飲む!彼のエネルギーの源はこんなところにもあるのだと思いました。いまや押しも押されもしない大御所の日常を、ちょっとのぞき見ることのできる本です。