読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

親友アルミンが超大型巨人に、そして団長のエルヴィンが獣の巨人に自らの命を投げ出して…進撃の巨人20巻(諫山創)感想ネタバレ注意!あらすじ。 #COMIC


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

進撃の巨人20巻(諫山創):主要登場人物が次々と命を落としていくが、彼らの魂は報われるのか?

高質化の能力を手に入れた主人公のエレンを更に訓練し、調査兵団を再組織して鎧の巨人と超大型巨人に壊された壁の再封鎖、そしてエレンの実家の地下室に隠されているとされる、人間と巨人との歴史の謎を紐解く鍵を探索しに壁外調査を敢行しました。
しかし予想通り、鎧の巨人、超大型巨人、そして獣の巨人を中心として奇襲攻撃を受けます。調査兵団側もそれを予期して入念に対策を練っていたので、巨人側の奇襲攻撃による被害は最小限に止められました。
しかし獣の巨人による乱射乱撃により調査兵団側が一気に劣勢に立たされました。そうした中で状況を打開すべく、親友アルミンが超大型巨人に、そして団長のエルヴィンが獣の巨人に自らの命を投げ出して虜となり、それぞれをエレンとリヴァイが打ち倒します。
巨人の主力との決戦、そして物語を彩ってきた中心人物の戦死など、核心に迫っていくにつれ、物語がいよいよ佳境に差し掛かってきた感があります。連載当初からその独特の世界観で多くの読者から支持されてきた名作が、どの様なフィナーレを迎えるのか非常に興味深いです。