読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「地層調査:佐々木譲」ネタバレ注意・「特命捜査対策室」いわゆる「特命係」行きを命じられる事から話が始ります(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

地層調査 作 佐々木譲 地層という変わった題名を付けた警察ものです

謹慎中の警視庁の捜査一課の刑事がある日上司に呼びだされ、「特命捜査対策室」いわゆる「特命係」行きを命じられる事から話が始ります。
特命刑事が受けた命令は、15年前に起きた事件、いわゆる迷宮事件の再捜査でした。
そして彼の「相棒」となるのが退職した刑事、現在は警察の「相談員」の肩書をもつ元刑事です。
事件の舞台は四谷です。
四谷といえば自分が勤めていた会社の本社があった場所で、多少の土地勘もあるため、興味深く読みましたが、実はこの話。
というか、舞台その物も、また小説の中に出てくる登場人物も全てが、そこら辺にいそうな、地味な人ばかりです。
佐々木譲の本も好きで、大抵の本は読んでいるつもりですが、こんな、地味な警察ものはあまり見たことがありません。
ですが、主人公の水戸部刑事と相棒の「警察相談員」の加納の二人で、迷宮事件を解決してしまいます。
お手柄を建てるのと同時に、新たな事件を発掘し真犯人を逮捕する結末で終わります。
地味な操作と、地味な活動ですが、結構面白い本でした。