読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「自閉症の僕が跳びはねる理由 (角川文庫) 東田直樹」ネタバレ注意・作者が13歳の頃に執筆したものだそうです(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

自閉症の僕が跳びはねる理由<自閉症の僕が跳びはねる理由> (角川文庫) 東田直樹 じんとしました。

この作品は、タイトルからもわかるように自閉症を抱えた作者が書いた本です。それも、驚くべきことに作者が13歳の頃に執筆したものだそうです。私がなぜこの本を手に取ったかというと、自閉症や他の障害をもつ子供と触れある機会があったからです。

その本には、どうして大きな声をあげたりするの?などといった質問に、作者なりの答えを書いています。その質問は、いわゆる世間一般が思っていることとほとんど合致しており、それに対する作者の回答も丁寧で、わかりやすく、それでいてどこか切実な願いが込められていると感じます。自分が自閉症を抱えているからこそ、他の自閉症の子供たちを代表して、世間に願いをぶつけているように感じます。13歳の頃に書いたからこそ、そこには純粋な想い、願い、希望が詰まっているのではないでしょうか。本を読んで改めて、私たちのとっていた行動は正しかったのだろうかと再確認せずにはいられません。この本をより多くの人に読んでもらえることを願っています。