読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

マルフォイの息子が可愛いの一言につきます…感想・書評「ハリーポッターと呪いの子:JKローリング著」ネタバレ注意(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

ハリーポッターと呪いの子 JKローリング著 あのハリーポッターシリーズ最新作!最高でした!

大好きなハリーポッターシリーズの新作小説、というか舞台用の脚本なのですが、期待を裏切らない作品でした!あのハリポタのワクワクするような世界観はそのままに、新しい冒険をよりリアルに感じることの出来る物語になっていてハリポタマニアな私も大満足です。
初めて脚本という形の本を買ったのですが、小説よりも取っつきやすかったです。ほぼ文章は会話文形式になっていて、自分の中で映画さながらの臨場感を持ったまま読み進められました!小説だと描写が長く感じられてしまう事もありますが、コレはストーリー展開もテンポが良くスラスラと読み切ってしまいました。
この作品は、とにかくマルフォイの息子が可愛いの一言につきます。ハリポタシリーズを読んでいる方ならご存知の日本で大人気を博したドラコ・マルフォイの息子さん、スコーピウス君です。
あの親からは想像もつかないちょっぴり天然の入った可愛い少年で、今回の主役であるアルバス・セブルス・ポッター君の親友となっていく男の子です。もう、本当にドラコはどうやって育てたんだと物語のバックグラウンドが最後まで気になって仕方なかったです。
それに対して、所属寮のせいか英雄と言われる父親のせいか、自分の存在を認めてあげられない親友にも辛口のアルバス。
この対極とも取れる二人が歩み寄り、徐々にその友情を強固なモノにしていく流れにとても感動しました。そこまで自分をさらけ出せる友情は見ていて羨ましくなる程です。ファンタジーの中にチョコチョコ顔を出す人間臭さにとても引き込まれました。
間に入る二人の初恋の甘酸っぱさや、それに対するちょっとした嫉妬が表現されていて、男性も女性も、大人も子供も皆楽しめる素敵な作品だと思います。
作品を通してハリーポッターの世界を存分に感じられて素晴らしい時間を過ごせました。