読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「輝く夜:百田尚樹」ネタバレ注意・クリスマスの奇跡達を綴った短編集です(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

百田尚樹「輝く夜」-クリスマスの奇跡

クリスマスの奇跡達を綴った短編集です。クリスマスは、私にとっては何となく、奇跡とかロマンスとかを信じたい季節でもあります。本屋さんで巡り合った時、そんな私にぴったりだな、と感じました。実際読んでみたら私の予想以上に感動した作品でした。
その中でも一番感動したのは、「タクシー」という作品でした。4~5年前に、海でのナンパで知り合った男女2人の話です。女の子は、友達と海に行った時に、2人組の男に声をかけられます。旅先のアバンチュールという思いが強いが強くて、女の子達は、職業を聞かれた時に、スッチーだと嘘をついてしまいます。旅先で楽しんで、主人公の女の子はそのうちの1人と連絡先を交換して別れ、帰ってからデートするのですが、段々自分のついた嘘が辛くなってきてしまう…。
自分をちょっとでも良く見せたくて、ちょっとした嘘をついてしまうのは、よくあることですよね。ましてや旅先でのナンパです。スッチーの彼女が純粋に眩しかった彼と、その態度に苦しむ女の子。本当に、心から嫌われたくなくて本当の職業を明かせないもどかしさ。
これは、人間の愚かしさと純粋さを描いた小説だな、と思いました。ラストは、心憎すぎて泣きそうになりながら読んでいました。私はこの本を、よりにもよって夏に読んでしまったのですが、冬場に読んだら、心のプレゼントになる本だと思っています。

ありがとう寄稿。

ホモロジー代数を含む圏論は、大学の講義ではなかなか扱ってくれませんが、位相幾何学、数論、代数幾何学を勉強するときにかなり重要になってきます。この本は、学部生や大学院生が圏論を勉強するときの入門書としてふさわしいと思います。

感想・書評「圏論の技法(アーベル圏と三角圏でのホモロジー代数) 著者: 中岡宏行」ネタバレ注意・位相幾何学、数論、代数幾何学を勉強するときにかなり重要になってきます(レビュー)。 #読書 - みんなの政治経済ブログ。