読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「台湾生まれ日本語育ち:温又柔(おんゆうじゅう)」ネタバレ注意・アイデンティティについて思うこと(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

温又柔の『台湾生まれ日本語育ち』とアイデンティティについて思うこと

温又柔(おん ゆうじゅう)さんの『台湾生まれ日本語育ち』は、台湾で生まれたけれども幼い時に日本に移住した温さんの目線で書かれたアイデンティティに関する本です。親は両方とも台湾人で、家では中国語や台湾語が飛び交います。特にお母様の日本語は、日本語ネイティブとして育った温さんからすると不思議な使い方のようです。彼女はそれを、「ママ語」と呼んでいるとのこと。

私は台湾人なのに、中国語があまり上手くないという彼女の悩みは、日本で生まれ育った外国籍の方が抱えるアイデンティティクライシスだと思いました。私は一体何者なのだろうという感覚をずっと抱いていた温さんですが、彼女の文章からは力強く「私は私」という意識が読み取れます。また卓越した表現で、おもしろおかしく書いてあるシーンもあるので、サクサクとページを読み進められました。一体自分はどこからきて、何になるのかという温さんの問いと、台湾生まれだけれども日本育ちですと言い切れる強さは読むものを惹きつける魅力があります。

ありがとう寄稿。

あるときお爺さんの友蔵が家にいる時、カシャという音が聞こえるとか。

ちびまる子ちゃんの友蔵の巻/テレビ感想&あらすじネタバレ注意・死神がお迎えに来たのかと。 #TV | 大人がおすすめる漫画日記。