読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

感想レビュー「レナードの朝」奇跡の実話:医者(ロビン・ウィリアムズ)が、慢性神経病患者を受け持つ話・おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

「レナードの朝」奇跡の実話で泣けた

人付き合いの苦手な医者(ロビン・ウィリアムズ)が、慢性神経病患者を受け持つ話。
患者たちはまるで傀儡のように抜け殻になってしまっている。しかしボールを投げたり、することには反射的に反応することを発見する。そこから患者たちがあるものによって反応をすることを知り、少しずつ病院の雰囲気が変わっていく。

そして、医者は一人の患者(ロバート・デ・ニーロ)にパーキンソン病の新薬を試してみる。始めは効果が見られず、薬の量を少しずつ増やしていく。すると奇跡が起きた。永い眠りから覚めたように、その患者は目覚め、30年彼の世話をしていた年老いた母親も驚きを隠せないでいた。もう目を覚ますことはないだろう。そういう気持ちで介護をしていた息子が蘇ったというのが、親の気持ちからするととてもうれしいだろうと思った。そして彼は一人の女性と恋におち、しかし病は完治することはなく、再び彼を闇の中に落としていく。失意のうちに別れる恋人たち。そして、奇跡の日々が終わり、彼と患者たちはまた傀儡のように眠りについてしまった。ただ生きていることに幸せを感じられる。そんな実話の物語です。

ありがとう寄稿。

スピリッツでの初連載ものということで、いったいどういう物語なんだろうと不安でした。

おやすみカラスまた来てね。1巻(いくえみ綾)感想ネタバレ注意!あらすじ・しがないバーテンダー、24歳の十川善十が主人公です…。 #COMIC - ジャンプ部屋ブログ