読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

感想レビュー「かぐや姫の物語」絵柄のタッチや塗り方も筆で書いて塗っているような風合いでこれもまたいい・おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

昔の物語って偉大!かぐや姫の物語に感動した!!

スタジオジブリ作品で、2013年の夏に公開されたかぐや姫の物語。日本人ならみんな一度は絵本とかで読んだ事あるんじゃない?ってくらい有名な「かぐや姫」のお話をスタジオジブリが映画化したもので、テイストの大元は古文で習った方も多い「竹取物語」がベースになっています。
しかし、そこは流石のスタジオジブリ。新しい観点からの竹取物語を展開してくれました。途中語り部が入る感じが何とも…子供の頃に見ていた「まんが 日本昔ばなし」を思い出す!新しい作品なのにどこか昔を思い出すような懐かしさを覚える作風が、また作品に馴染んでいて嬉しい。絵柄のタッチや塗り方も筆で書いて塗っているような風合いでこれもまたいい!!

翁(おきな)と媼(おうな)がかぐや姫が赤ん坊の頃から子育て風景を描いていく訳ですが、老いた夫婦に子が出来ると可愛さも一入、とはまさにこの事なんだろう、翁がかぐや姫が初めて立って歩くシーンで既に泣いてしまうのが可愛らしい。子育ての一喜一憂の表現が凄く丁寧に絵が描かれていて、この時点で子育ての経験がある人はうるっとしてしまうのではないでしょうか。
ラストの月の使者が迎えに来るシーンで、翁と媼が「おいていかないで」と言う所で今まで育てていた苦労や、自分たちのせいでかぐや姫が月の使者を呼んでしまった事、沢山の思い出や後悔の入り混じった一言に涙が溢れてしまいました。

ありがとう寄稿。

季節はめぐって、夏が終わり秋になりました。高校では文化祭の時期に突入しますが、昼間学校にいる時のあきらは居眠りばかりしていますね。陸上とバイト先以外の時には、あまりやる気が感じられないところがなんだかおかしいです。

恋は雨上がりのように5巻(眉月じゅん)感想ネタバレ注意!あらすじ・加瀬さんの姉が初登場しました…。 #COMIC - 面白い漫画を教えてください。