読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

機動戦士ガンダム/アニメ最終回・結末感想ネタバレ注意!あらすじ・シャア・アズナブルといえば赤い彗星のシャアとと呼ばれ優れたカリスマ性を持っていた…。 #ANIME


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

機動戦士ガンダム

最終回の簡単な内容紹介、あらすじ。

主人公がのるガンダムと敵の軍の大佐であるシャア大佐がのるジオングが白熱した戦闘を行い互いのモビルスーツはボロボロになっていく。後に、2人はモビルスーツがおり自らの身体で戦いを続ける。そうするうちに2人はお互いがニュータイプであることに気づき始める。しかし、もう少しですべてがわかる時に戦闘を行っていた場所であるア・バオア・クーが崩れ始める。そこから脱出を急ぐ主人公アムロは間一髪で脱出に成功する。こうして戦争は終わる。

好きだった登場人物、キャラクターに関して。

シャア・アズナブルが私は好きだった。シャア・アズナブルといえば赤い彗星のシャアとと呼ばれ優れたカリスマ性を持っていた。このカリスマ性に幼い頃憧れたものであった。そして、大佐としての自分の責任感を常に頭に置き作戦を実行する姿はまさに憧れであったからだ。

最終回を読んで(見て)思ったこと、感じたこと、考えたことなど感想。

これほど感動したことはない。セリフのひとつひとつが重かった。人の憎しみは怖いもので憎しみの連鎖これが1番断ち切ることが難しいとガンダムを見てアムロやシャアの戦い合う姿から学んだ。人は戦うこれは避けられないことである。本人は望まない。しかし、戦わなければやられるとわかれば人は戦う。この考えが変わる日が来るのか。これは人類の課題だ。この人類の課題を伝えてくれるアニメこそが機動戦士ガンダムであるとかんがえる。

ありがとう寄稿。

原発の上に飛行機を飛ばし国全部の原発を止めろと言う要求だったが、その飛行機にアクシデントで子供が乗り込んでしまったことで話は犯人も予想のつかない展開になっていったのは面白かったです。

感想・書評「天空の蜂:東野圭吾」ネタバレ注意・原発について考えるいい機会になる作品(レビュー)。 #読書 | おすすめ面白い小説用ブログ。