読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「フォルトゥナの瞳:百田尚樹」ネタバレ注意・主人公の慎一郎は、ある日突然、つり革を握る男の手が透けて見えるという不思議な能力を(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

フォルトゥナの瞳 百田尚樹 愛と運命のストーリー

夢中になれる小説を探していたところ、この小説の帯に“感涙必至”の文字が!迷う事なく買うことにしました。
主人公の慎一郎は、ある日突然、つり革を握る男の手が透けて見えるという不思議な能力を持つことになりました。それは、“他人の死が視える”瞳でした。もし私にも視えたらどうするだろう?人を視る事が恐くなるだろうな…と考えながら、慎一郎の行動が気になり夢中になって読み進めました。慎一郎は、他人が助かる方法を知り次々と死から生へと運命を変えていったのです。なんて正義感が強いんだ!こういう人こそ幸せになる運命じゃなきゃいけないよね。私の思いは打ち砕かれました。他人の運命を変える=自分の命を縮める。慎一郎の取った行動は自分の命を縮めていたのです。なんとも哀しい運命…。そんな慎一郎に葵という彼女が出来て、人生で初めて愛し合う事を知る事に。せっかく幸せな一時を過ごしていたのに、今度は大勢の人が事故で亡くなる運命を知ってしまうのです。葵との未来を選んで欲しかったのに、自分の死を慎一郎は選んでしまいました。この選択は正しかったのでしょうか?私には分かりません。

ありがとう寄稿。

ページを1枚めくると、ラブラブだったはずのカップルが彼氏が彼女を吹き飛ばしたり、彼女が彼氏に跳び蹴りを食らわせたりと実にシュールな絵面へ変貌してしまうのです。

それを、こう(大野そら)感想ネタバレ注意!あらすじ・シュール系マンガの王道…。 #COMIC - ナカノ実験室