読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

魔法少女が魔女化してしまうという現実に立ち向かうために主人公であるまどかは「神」にも等しい存在に…魔法少女まどか☆マギカ/アニメ最終回・結末感想ネタバレ注意!あらすじ。 #ANIME


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

アニメ)魔法少女まどか☆マギカ

魔法少女まどか☆マギカは私のアニメ観を変えた作品だったと思います。
正直、こういう「萌え絵」的なアニメはあまり好きではありませんでした。
絵柄を見ただけで避けるぐらいには、興味を持っていませんでした。

しかし、友人に強く勧められたりネット上での評価の高さを見て気になったので、途中から視聴を開始しました。
驚きました。絵柄に似合わずシビアな内容に一気に引き込まれました。

大筋は割合しますが、最終回では魔法少女が魔女化してしまうという現実に立ち向かうために主人公であるまどかは「神」にも等しい存在に変わって世界のルールを書き換えてしまいます。
その結果、魔法少女が魔力を使い果たしても魔女化はせずに「円環の理」に還り(消滅して、後はまどかの使いになる)救われていく、という新しい世界が出来上がりました。
キャラクターが発するひとつひとつの台詞、美麗なアニメーションに夢中になってしまいました。

脚本家である虚淵玄氏の手がける作品のストーリーはいつも奇想天外で複雑怪奇…そして絶望的なものが多いと聞いていましたが、まどマギの脚本はシビアな真実を突きつけられても立ち向かって行く姿と希望が描かれていて、視聴終了する頃には不思議な多幸感と満足感がありました。

続編として、映画も出ています。映画は賛否両論だと思いますが私はとても好きです。
アニメを視聴したら是非こちらも観て欲しいと思います。

**☆ありがとう寄稿(パチスロで負ける)

別に諸星さんに好意があるわけでなく、あんなグループの一員ということで興味があるのです。あの時はこう思っていたのかということが沢山書かれた面白い本でした。

感想・書評「くそ長ーいプロフィール:諸星和己」ネタバレ注意・光ゲンジを引退したあとの思いを語られています(レビュー)。 #読書 - ナカノちゃんねる