読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

下町ロケット第10話/最終回・結末の感想ネタバレ注意!あらすじ・帝国重工の後ろ盾でガウディの開発が進み…。 #テレビドラマ


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

下町ロケット第10話(最終回)裏切り者は許さない日本プライドを持て!

内容紹介や簡単なあらすじ。

下町の町工場で大企業に対して屈せずロケットの部品を作ったプロ技術者たちの物語です。
新型人工弁“ガウディ”の実験も順調にクリアして後もう一歩の時に資金調達が出来ない。
そんな時に中里淳が佃製作所に来て、佃航平に設計図を盗んだ事を謝罪した。
その結果サヤマ製作所は社長・椎名直之が逮捕され、バルブは佃製作所に決まる。
それに伴い、帝国重工の後ろ盾でガウディの開発が進み人口弁「ガウディ」の認可が降りた。

好きだった出演者や登場人物、キャラクターに関して。

何と言っても主役の佃航平役の阿部寛は面白い。
どっしりとした風格はないが、若者のような情熱を体いっぱいに表現していました。
彼の演技は大きいので、このような役はぴったりでした。
そして、欠かせないのが、財前道生役の吉川晃司です。
この静かな演技であの重みは簡単しました・まるで武将の風林火山を見ているようでした。

最終回を見ての感想、終わって感じたことなど。

最終回で、ロケットの打ち上げが成功した後で、椎名直之役の小泉孝太郎が出てきます。
まさか彼が改心したように堂堂と技術で戦うことを宣言するとは思いませんでした。
ちょっとこれは出来すぎかなと思いましたが、皆が感激しているシーンだったのでどさくさに良いかと思いました。
この下町ロケットの一番面白かった要因はしっかりとしたストーリーはもちろんですが、番組の転回の早さです。
一つの困難が出ても、すぐに逆転する心地よさがありました。
重苦しいシーンを長く引っ張って、やっと逆転するのでは、見ている方もストレスがかかります。
それが、相手をぎゃふんとさせるシーンが早いので、見ていて爽快でした。
次から次へと難問が出てくるのですが、実直に立ち向かって解決していきます。
これぞ、日本の技術者だと誇りを持てました。

☆今日のブログ飯(パチスロ)

興味のある分野を深く知りたいのならこの本は物足りないかもしれ足せんが、ちょっとした雑学的に勉強するには調度良い本です。

感想・書評「池上彰教授の東工大講義世界篇 この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう」ネタバレ注意・一冊の本の中に15のテーマで解説したことをまとめてあります(レビュー)。 #読書 - ナカノちゃんねる

日本舞踊家元でもあるゆかりの家に帰る事にもなってくるはずでもあるのですが事情を知らない展開から一気に変わるのも見応えがある。

Doctor k(ドクター・ケイ)怪物出現編第5話「隠された思い」(真船一雄)感想&あらすじ・日本舞踊家元でもあるゆかりの家に帰る事にもなってくるはず…ネタバレ注意。 #マンガ - 面白い漫画を教えてください。