読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

いぬばか2巻第9話「すぐり はじめての営業!?」(桜木雪弥)感想&あらすじ・わっふるに来て初めての月末になったのですが苦労を知らない哲平…ネタバレ注意。 #マンガ


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

わっふるに来て初めての月末になったのですが苦労を知らない哲平の気持ちに理解出来るのかがかなりカギにもなってくるものです。

面白いところ。

すぐりは苦労を知らずにいるのです。そんな中で親から振り込まれた話で哲平が怒るのもかなり納得してしまうものです。

好きなところ。

ノワと共に初めての営業をする事になったすぐりでもあるのです。上手く行かない所でもあるのですが思わずノワのアシスタントにはかなり凄いと感じるものです。

好きなキャラ。

飯田哲平、宮内すぐり

好きなエピソード。

健太郎が哲平に「犬オタ」と言われてしまうのですが見方を変えると店長だからこその考えてしまうのではないかと感じるものです。

おすすめ。

哲平がすぐりに出した課題が「一匹売る」と言うのです。この課題をクリア出来るのかがかなり見物にもなってくるものです。

作品に関する思い出。

経営の事を考えていると結構苦労の連続にもなってくるものです。そんな中での課題をクリアする過程を見るのも共感出来る内容にもなってくるものです。

作者に関して。

成長を考える事ですぐりにもかなり変化が出てくるものです。なかなか共感出来る場面もあるのも分かるものです。

その他。

この話に出ている青年がフレンチブルとの出会いをこの後ですぐりはどの様な形で関わって行こうとするのかがかなり見物にもなってくるものです。

☆今日のブログ飯(深夜のカップヌードル大会)

この本は書店で本屋さん大賞のコーナーに置いてあって気になったので購入して読みました。この本は一人の男性が将来の職に迷っていたとき、一人のピアノの調律師に出会い、自分も調律師になって仕事を通して成長していくというストーリでした。

感想・書評「羊と鋼の森:宮下奈都」ネタバレ注意・調律師になって仕事を通して成長していくというストーリー(レビュー)。 #読書 - ナカノちゃんねる