読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

おすすめ洋画・映画感想レビュー「バック・トゥ・ザ・フューチャー」評価・不思議なタイトル。バック・フロム・ザ・フューチャーならば未来にタイムスリップして現代へ戻ってる…(ネタバレ注意)。 #MOVIE


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

バック・トゥ・ザ・フューチャー・・・未来に戻る???。

なんと不思議なタイトルだろう。バック・フロム・ザ・フューチャーならば未来にタイムスリップして現代へ戻ってるSF映画なんだなぁ~と自然に受け入れられるが、この英文はとにかく[from]では無く[to]である。我々日本人を含め、世界中の英語文化圏以外の人間であっても、英語を少しでも囓った事のある人で有ればほぼ100%の確率で翻訳できる単純な英文なのたが、実感としての意味を直感で即時に理解出来た人って世界中にどの程度いたのだろうか。

凡人である私などはこの不思議な英文を耳にした瞬間から頭の中に焼き付いてしまい、通勤電車の中、食事中、ベッドの中、いやいや、トイレの中等々と、一人になるたびにこの英文の意味を理解しようと頭が働き、ほんの数秒で理解不能に陥っていた事が忘れられない。そういえば、その都度頭の中で比較に出てきたのが、「卒業」という映画のテーマソングであったサイモンとガーファンクルのあの名曲、サウンド・オブ・サイレンスだった。しかしこれは「静寂のささやき」とでも訳すと哲学的な感覚で受け入れられる。これに対してバック・トゥ・ザ・フューチャー・・・だめだ・・・わからん・・・の繰り返しだった。人間こうなるともう行動は一つしか無い。いざ、映画館へ。
映画が始まりものの5分で、私の頭に焼き付いていたはずのタイトルの疑問はどこえやら。とにかく映画に引き込まれていた。この映画はあまりにも有名なので、ストーリーに関する感想等はいろいろなWebサイトに山のようにあるのでここでは語りませんが、あの時計台の落雷で過去から現代に戻るシーンのドグのあの台詞「バック・トゥ・ザ・フューチャー!」を聞いた瞬間、映画に引き込まれていた私の頭が我に返った。今自分がここに居る理由、そしてこの数日間のモヤモヤした思考が一瞬にして明快に解けた。あの開放感、とにかく忘れられません。

ありがとう寄稿。

このサイトに出会ったのは、「何か簡単な副業が働きながらできないか」と思いインターネットで探した結果アンケートサイトのマクロミルと出会いました。

1アンケート2ポイント程度で本調査に進めば50ポイント以上もらえることがあります。アンケートサイトのマクロミル。在宅ワークやお小遣い稼ぎのおすすめサイト。 | 安心の在宅ワーク!稼ぐ人の口コミ・ブログライティング。