読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

おすすめアニメ映画感想レビュー「風立ちぬ」評価・宮崎駿監督の最後の長編アニメとなった作品…(ネタバレ注意)。 #MOVIE #ANIME


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

「風立ちぬ」は宮崎駿監督の思いのつまった作品です。

宮崎駿監督の最後の長編アニメとなった作品。同名の小説「風立ちぬ」と、宮崎駿監督が漫画連載していた「風立ちぬ」、またゼロ戦の設計をした歴史上の人物である堀越次郎の話を融合させた内容となっています。日本が世界と戦争をしていた時代を背景に、監督が大好きな飛行機や戦闘機が描かれます。主人公の堀越は、どんな状況でも空を見上げれば飛行機のことばかり考え、その一方で、戦争の道具として人を殺してしまった戦闘機の姿に胸を痛めます。

この主人公の姿は、どんな状況でも絵を描いたり漫画を描くことに夢中になってしまう監督自身の姿、また、戦争は大嫌いだけれど、戦闘機や武器は好きという監督自身の矛盾に重なります。何よりも、自分の好きなことにとことん夢中になり、取り組む姿は監督の人生そのものといえるかもしれません。この作品のもう一つの大きな軸となっているのは、堀越次郎の大人の恋愛話です。ジブリにはめずらしく、キスや初夜を迎えるシーンなどが話題になりました。ヒロインの菜穂子は堀越と、結婚の約束をしますが、結核でなくなってしまいます。監督の母親も結核で亡くなったそうです。結核を患いながらも、夫を影で支える健気な彼女の姿には思わず涙を誘われます。子供が見て楽しいものを作ることをモットーとしていた駿監督は今回の作品の映画化に反対したそうです。そんな逸話があるのもうなずけるほど、ジブリ作品の中では、少し難解で大人向けの内容になっています。台詞や説明は最小限に抑えられており、映画にはエンターテイメントの側面以外に、芸術作品としての側面もあるのだと思わされます。この作品は、駿監督が好きなもの、また、彼自身の映画監督としての生き方など最後の作品ならでは、思いがつまった素敵な作品となっています。

ありがとう寄稿(マンガ感想記事)。

いたずらっこのショーンをはじめとする羊や仲間たちと牧場主とのやり取りがテレビではおもしろいのですが、今回はちょっとしたイタズラがきっかけとなって、ショーン達や牧場主が大冒険を繰り広げるストーリーでした。

おすすめアニメ映画感想レビュー「ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム」評価・クレイアニメはスゴイ!(ネタバレ注意)。 #MOVIE #ANIME - みんなのブログ。