読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

臨床検査技師の資格取得・合格体験談(勉強法やアドバイス)学校卒業年度に試験に通るよう意識付けをしなければいけません。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

臨床検査技師の国家試験対策と具体的な体験について

臨床検査技師という仕事は、実際に医療現場で行われる検査で、放射線を直接扱わない検査等を行います。また、医師、看護師、とこの臨床検査技師という資格だけが患者さんから医師の許可の元採血を行うことができる、貴重な国家資格です。
ところが、実際に国家資格の合格率は60%程度と、低いのも特徴です。どうしてこれだけ低いのでしょうか?
正直、検査技師の資格を得るには学校を出なくてはいけないのですが、まずは学校選びから慎重に行うべきじゃないかとおもいます。やはりその学校の合格率の言うのはそれなりの厳しさがあるのですが、結局はその努力がきちんと結果に出るという意味では、かえって早回りになるでしょう。私も、それなりに厳しい学校で、遅刻厳禁、出席率にも非常に考査に影響し、留年する人が30%にも上ることもしばしばです。
ともかくは、その学校のシステムに従って、仲間で励まし合ったり、あくまで目的意識や興味を持った理由に立ち返って勉強すれば、必ず合格する試験だと思います。過去の問題を徹底的に解くことも、大事なことでしょう。
また、一度試験に落ちてしまった場合、2回目からの試験の合格率は25%前後と思い切り下がってしまいます。一人でこつこつという勉強はこの資格試験の合格には向いていないかもしれません。必ず学校卒業年度に試験に通るよう意識付けをしなければいけません。