読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

おすすめ子育てマンガ「うさぎドロップ:宇仁田ゆみ」感想ネタバレ注意!河地大吉(カワチダイキチ)が、祖父の隠し子だった鹿賀りんという少女と…面白いコミックを紹介! #育児


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

うさぎドロップで心が温まりました。

こちらの漫画は、非常に人気があり後に映画化もされました。

これは、30歳の独身でサラリーマン生活を送っていた河地大吉(カワチダイキチ)が急死した祖父の家を訪れる事となりお葬式にて祖父の隠し子だった鹿賀りんという少女と出会います。
そして、大吉の家族や親戚達が話し合いの結果りんを施設に預けようとした事に対して痺れを切らした大吉が皆に反発し自分がりんを引き取り育てると公言したのがきっかけとなり二人の共同生活の幕開けとなります。

絵のタッチは、シンプルであるものの見ているだけでもホッコリと心が温まるものです。

私は、未だ独身で子供もおりません。
しかし、性別は違えど年齢が近い大吉に感情移入し易く非常に興味や関心が強く気付いた時には自分と大吉を重ね合わせながら読んでいました。
それと同時に、記憶を辿りながら幼少期の自分とりんを重ね合わせる時もありました。

今の私からしてみれば、急遽幼い子を引き取り子育てをするなんて到底想像も付きません。
しかし、二人を見ていると計り知れない程大変であり子育てを通してだけ得られる幸福感を味わいまた色々な事を経験や体験し子供と一緒に成長して行きたいと強く思いました。

人生初の子育てにも関わらず、不器用ながらもまるで我が子同然に常に自分の事は二の次でりんを第一に考え毎日悪戦苦闘しながらもりんや自身を強く信じ決して諦めず投げ出さずにどんなに些細な事にも誠意を持って真剣に取り組む大吉の姿勢を見ている内にりんを始め大吉の家族や周囲の人々やりんの生みの親であるマサコでさえも徐々にではあるものの心を開いていく様は感慨深いものがあり尊敬の域に値する程です。

それと同時に、幼くして父親を亡くし母親とも離れ大吉以外に身寄りも無く計り知れない程の悲しみを抱えながらも新たな環境で数々の困難に立ち向かい乗り越えその他の避けられぬ宿命や運命とも真摯に向き合い一生懸命に生きているりんの姿は誰よりも逞しく非常に立派で背中が大きく私には見えました。

大吉とりんとの間には、いつしか相乗効果が生まれていて互いにとって無くてはならない大切な存在となり
りんが優しい心を持ち健やかに生き生きと成長していく様が大吉という一人の人間と欠け替えのない二人の貴重であり温かな暮らしの過程を物語っています。

私が強く思ったのは、大吉のような強く暖かく優しい心を持った母親になりたいという事と大吉のような旦那さんが欲しいという事と男女問わず大吉のような人が増えたら世の中がどんなにか豊かになるだろうという事です。
それと同時に、りんのような素直で優しくて面白くて可愛い子供が欲しいとも強く思うと同時に願いました。

この漫画から学んだ事は、人との出会い方ではなくどんな人と出会いその後どう接しどう生きて行くかが何よりも大事であると言う事や個人差はあるとは思いますが時として子供が大人の役目を果たす等大人が思っている程子供は幼くないと言う事や
誰しも一人では生きていけないからこそ大小問わず互いの支え合いや周囲への感謝の気持ちを持つ事の大切さやどんな環境に置かれていようとも己に負けない強さを持ち自らの力で環境をも変える事の素晴らしさ等を改めて気付かされました。
更に、心と心が繋がり通い合うという事を目の当たりにしたように思いました。、

この漫画は、現実的であり人間が持っている本来の優しさや愚かさ等日々の暮らしの中で見失い易い部分をクローズアップしていて非常に分かり易く丁寧且つそっと教えてくれます。

特に、現代に多いシングルマザーやシングルファザーに読んで頂きたいと思います。