みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

ST赤と白の捜査ファイル10話最終回/感想・どんでん返しが多く、少し話のスピードが早かったのでついていけない部分も…(ネタバレ注意)。 #ドラマ


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

ST赤と白の捜査ファイル10話 9月17日放送

1話からずっと見てきました!藤原竜也が連ドラに出演するということで、すごく珍しいなーと感じたのが見るきっかけでした。
様々な能力を持った人たちが捜査に加わって事件を解決して行くのがすごく面白かったです。毎回1話完結型なので、見やすかったです。毎回の、藤原竜也の「あぁ〜!!分かってしまったぁぁー…!!」が、アドリブなんじゃないか⁈と思うほど面白くて。

藤原竜也は、さすが…!という感じで、本当に演技が素晴らしく、毎回ドラマの中心になって盛り上げてくれました。10話は最終回だったのですが、初めての2週連続の続きものでした。9話を見終わってから1週間すごく楽しみに待っていました。
最終話はどんでん返しが多く、少し話のスピードが早かったのでついていけない部分もありましたが、全体的には面白く見ることができました。渡部篤郎はずっと敵だと思っていたので、まさか刑事をやめたふりをして潜入捜査をしていたなんて…。びっくりでした!それから、いつもの岡田将生と藤原竜也の掛け合いがとてもコミカルで面白く、飽きません。やはり藤原竜也出演作品…早々に映画化が決まったので、やっぱりね〜と思いました。