読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

肩のチカラを抜いて、少し放っておくぐらいで大丈夫!(様子をみるのも有り)生後3ヶ月子育て体験談。 #育児


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

肩のチカラを抜いて、少し放っておくぐらいで大丈夫!

赤ちゃんが生後3ヶ月頃って、笑うようになってきたり色んな表情や遊びができたりと育児の楽しさも出てくる時期ですよね。赤ちゃんはなんといっても可愛いものです!

しかしママはまだまだ夜中の授乳で寝不足や産後の不調があったりしてお疲れモードの方も多いと思います。
実際私も上の子の時は昼間娘と2人っきりで家に閉じこもりがちで、「これからちゃんと子育て出来るんだろうか」といった不安がずっとありました。生後すぐの時から泣いたら抱っこプラス授乳は当たり前でしたし、しっかり育てなければ、と思っていました。

しかし二人目の息子は年子だったこともあり、上の子優先で最初から結構ほったらかしでした(笑)
新生児の頃、夜中の授乳を終えて少しするとまた泣くんですが、それは聞かないフリをしてスルーしてました。何分かすると赤ちゃんも「ママも来てくれない事もあるんだ」と分かるのか、ちゃんと泣きやんで寝てくれますんですよね。
その時に「あーそうか、これでもいいんだな」と思い、特に夜中ですが段々と授乳の回数を減らし、3ヶ月頃は安定してきて夜中に一回起きるくらい、5カ月には通しで寝てくれるようになりました!

上の子の時は添い寝で泣いたらその都度授乳してそのまま私も寝てしまう、という感じだだったのが、下の子は授乳後ベビーベッドで一人で寝てくれて本当に助かりました。ベビーベッドの意味?みたいなものが分かった気がします。まだまだ何でもやってあげないといけませんが、意外と赤ちゃんってしっかりしてますよ~

もしお子さんが3ヶ月くらいで夜ベビーベッドで寝ている赤ちゃんなら、夜中に泣いても少し放っておいて様子をみるのも有りだと思います。あまり大きくなってからだと効果がないかもしれません。
昼間はなるべく外の空気を吸って、肩の力を抜いて今しかできない育児を楽しんでくださいね。