読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

内閣決議で憲法解釈の変更には疑問・集団的自衛権行使容認関する意見。 #政治


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

内閣決議で憲法解釈の変更には疑問

 そもそも「憲法解釈の変更を閣議決定しました」というところが問題だと思う。憲法にある国民主権という理念が、これで守られるのかどうか。憲法は、国が守らなければいけないものであるにも関わらず、それを政府が閣議で解釈を変更するなんてあり得ないと思う。

「国の平和、国民の安全を守る」為に、憲法の解釈を変更し、集団的自衛権の行使を容認するということを言っているが、どうも納得がいかない。歯止めをかける、慎重に慎重を重ねた上で派遣を行うということ、戦争を行うことではないということを盛んに会見などでは言っているが、このやり方で進まれては歯止めなど誰がかけられるのかと思う。特定秘密保護法の時もいろいろあったが、重大な不備が指摘されているにも関わらず、結局は法案が通った。これから、集団的自衛権の行使についての法案が出されるのだろうが、国の基本がかかっている重大なことだと認識する必要があると思う。