読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

小さめな我が子が体重が増えるように必死な毎日(出産時2300g)生後3ヶ月子育て体験談。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

小さめな我が子が体重が増えるように必死な毎日

出産時2300gで産まれた娘はなかなか体重が伸びず母乳の出も悪かったので粉ミルクとの混合でした。三か月の頃は母子手帳にある発育曲線では標準内ギリギリではありましたが娘なりに少しずつ成長していく過程に安心したり他の赤ちゃんと比較してしまって心配になったりと一喜一憂の繰り返しでした。
三か月の頃から助産師が経営するベビーマッサージに通いマッサージのお蔭か便秘も解消され同じ月齢の赤ちゃんを持つお母さんとも親しくなり娘の話や何でもない日常会話をしていくなかで自分の心にもゆとりがでてきたのを覚えていますし、外にでることで笑うことが多くなり小さめの娘のことものんびり成長していけばいいかな、と思えるようになったのもこの頃でした。

あと、オムツかぶれにも悩みました。沖縄に住んでるため湿度も高くかぶれやすい子も多かったです。かぶれているときは一日2回半身浴させてよく乾燥させてマッサージに使用していたオーガニックのアロマオイルを塗ってしばらくオムツを外しておいたりと毎日繰り返していたら徐々によくなっていきました。
私は初めての子育てで育児書と少しでも違ったりすると不安になったり他の赤ちゃんと比較してしまったりとても神経質でした。でも一歩外にでて色々なお母さんや助産師さんからお話しを聞いているうちに小さめでもとても健康に育っているという大切な部分に気づくことができ本当に気持ちが楽になったのを覚えています。周囲に手助けしてくれる家族もいなく主人と協力しながらの毎日でしたが今思えば必死ではありましたが素敵な毎日だったと思います。