読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

アズノールという塗り薬を処方…乳児湿疹は焦らずゆっくり治そう!生後2ヶ月子育て体験談。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

乳児湿疹は焦らずゆっくり治そう!

娘が初めて乳児湿疹が出てきたのはちょうど生後1ヶ月になる頃。
ほっぺに赤くブツブツが出て、首も赤く汗疹のような状態になっており、お尻もオムツがあたる部分が赤くなっていました。
1ヶ月健診の時にフエゾナールの塗り薬を出してもらい塗ってみたところ、だいぶ赤みも引いて落ち着きました。

それから生後2ヶ月の頃、赤みが引いてからお薬は塗って無かったんですが、首周りとほっぺにまたブツブツが出てきてしまい、毎日お風呂で丁寧に洗っているにもかかわらず臭いまで酷くなってしまいました。

以前出してもらったフエゾナールのお薬を塗っても改善せず、近所の小児科にかかることに。
そこで担当の先生に言われたことは「乳児湿疹は出るものなので、完治させようと思わず長く付き合っていくこと。
もし保湿剤で改善せず赤ちゃんが痒がって酷くなるようだったらステロイドという手もありますが、まずは保湿剤で様子をみましょう。
また、頭皮が乾燥しているので頭皮にも塗ってください。これが悪化すると厄介なので。」
とのこと。
その日アズノールという塗り薬を処方してもらいました。
頭皮は気にして見てなかったなぁ〜と思いながらその日頭皮にお薬を塗ったところ、次から次へと皮膚のような、脂のようなカスがポロポロ出てきました!
頭がカスだらけになってしまったのですぐお風呂に入れてあげました。
生後2ヶ月の赤ちゃん…頭皮も気をつけて見てあげた方がいいです!!

それ以来アズノールは生後7ヶ月の今でも毎日塗り続けています。
ブツブツが全く無くなるわけではありませんが、酷くなることもないためステロイドは使ってません。
赤ちゃんとのスキンシップと思って毎日コツコツ塗り続けています。
乳児湿疹は焦らず長い目でみていくことです。