読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

生後2ヶ月子育て体験談・幸せで穏やかに過ごせると思っていましたが(待望の赤ちゃんだからがんばれました)。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

待望の赤ちゃんだからがんばれました

赤ちゃんがなかなか授からず、不妊治療をしていました。
結婚10年目にして、やっと待望の赤ちゃんを授かることができました。
その時の気持ちは、今でも鮮明に覚えています。夫婦で抱き合ってよろこび、これで親孝行が出来ると、ほんとうに嬉しかったのを覚えています。
無事に安産で出産しました。

産後一ヶ月は私の実母に来てもらい、お手伝いを頼みました。一ヶ月検診が終わり、今度は赤ちゃんと2人実家に行きお世話になったので、生まれて2ヶ月は私の母と共に過ごしました。赤ちゃんを囲んでの生活は、皆が幸せで穏やかに過ごせると思っていましたが、実際はちがいました。初めての育児でてんてこまいながらも、私なりに一生懸命がんばっていましたが、母がいちいち横から口を出します(笑)
そんな抱き方ではだめだ。少しぐらい泣かせときなさい。そんなんだから泣くんだ…など。
私は産まれるまで、育児本や母親学級で習ったことを参考にやっていましたが、母の時代とはまるで違うようで、母も私のやり方をみてイライラしていたと思います。ただでさえ、情緒不安定な時に母と口論ばかりなり一人で泣いてばかりいました。赤ちゃんはよく泣き、よく飲み、よく寝る子で大変なこともありましたが、やっと授かった子なので、楽しく乗り越えることができました。初めての育児はわからないことばかりですが、周りの声はほどほどに聞きじぶんらしく育児する方がいいと思いました。