読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

乳児湿疹、赤ちゃんが母親の胎内にいたときにもらった女性ホルモンの影響で…生後2ヶ月子育て体験談。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

生後2か月の赤ちゃん、だんだん人間らしく。

生まれたばかりの赤ちゃんは、なんだかお猿のような顔をして「この子、不細工になるんでは?」と侵犯する方もいると思いますが、生後1カ月、2か月と経つにつれ、表情も豊かに、たまにニコッと笑っ足り愛らしい表情をするようになります。ミルクをたっぷりとのみ体の肉つきもよくなってきます。人生で最も成長の早い時期です。1日1日成長が感じられるでしょう。

手足をバタバタとさせたり、首も徐々にしっくりと座ってきます。だいぶ抱っこが楽になると思います。

さて、この時期の赤ちゃんで頻繁に話題になるのが「乳児湿疹」ではないかと思います。赤ちゃんの顔や頭にブツブツや黄色いフケのような塊ができます。この湿疹は、赤ちゃんが母親の胎内にいたときにもらった女性ホルモンの影響でできるもので、とくに男の赤ちゃんがひどくなります。顔中広がるので、みなさん心配されますが、時期が来ればかならず治ります。周りの声に左右されずに安心してお世話してあげて下さい。授乳ごとに濡れタオルなどでふき清潔にすると治りが早くなります。