読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

子どものことを何も考えていない父親への愚痴をブログで発散!


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

子どものことを何も考えていない父親

私の父親は最低なひとでした。まだ私が幼いころ、父が熱を出して寝込んでいたので、子どもながら一生懸命考えて父親に励ましの手紙を書いたことがあるのですが、父はそれを読みもせずゴミ箱にこっそり捨てていました。

また家族で外食をしたときに、車の扉をあけて外に出ようと脚を出した瞬間、車の側にいた父が思いっきりドアを閉め、脚の骨にひびが入ったこともあります。ブチギレる母親に父は「だって(自分の鞄が車に当たって)傷がつきそうだったから・・・」という信じられない、理解不能な言い訳をしていました。しかしそれでも私は父親と言う存在に希望を抱き、父を大切にしようと思っていました。けれどもある日「俺子育てには興味ないんだよなぁ・・・(笑)」と実の母親にこぼしていた父の言葉を聞いて以来、私は彼のことが全く信用できなくなりました。父は数年前に家を出て行ったきり帰ってきませんが、正直もう一生帰ってきてほしくありません。