読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

原発再稼働の是非が争点に仕立て上げられていることへの違和感/東京都知事選2014ブログ世論調査(元首相である細川護煕氏が出馬)。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

都知事選2014 -奇妙な選挙ー

 今回の都知事選に関してまず思うのは,原発再稼働の是非が争点に仕立て上げられていることへの違和感である.言うまでもなく,原発を利用するか否かは国のエネルギー政策に関わる問題であり,東京都民のみを対象とした選挙で是非を問うのは不適当だ.原発の是非を問うことは,これからのエネルギーをどういった方法で,どの程度の総量で賄うかということとセットで論議されるべきであるが,これについても不十分と感じられる.加えてもう一つの問題は,東京都には原発は立地せず,原発によって発電された電力を利用するのみの地域であるということだ.

つまり,仮に原発事故が起こってもそのダメージをもろに受けることはない一方,原発による多大な恩恵を受ける地域なのである.このことは,選挙によって示される民意にはバイアスがかかり,国民の総意を反映するものではないことを意味している.この点からも,都知事選といういち地方選で原発問題が争点となるのはふさわしくない.
 もう一つ,私が違和感を覚えるのは,元首相である細川護煕氏が出馬していることである.細川氏の資質に問題があると言いたいのではない.私は,国の最高権力者であった者が,指揮命令系統に関して下位の職に就くことに,違和感を覚えるのである(現在,活動している他の「元首相」たちも同様).最高権力者であったということは,自身の考える政策を全て実現可能な立場にあったということに他ならない.できなかったのなら,それはその人物が十分に有能ではなかったということだ.よって,一度,首相を務めた者は,在任中にやるべきことをすべてやりつくし,首相退任を持って政治の表舞台からは身を引くべきだ.