みんなのブログ。

在宅ワークを利用して皆で更新するブログです。

スポンサーリンク

映画感想

オリジナルに忠実な仕上がり。心(ゴースト)と義体、そして記憶に関連する繊細な問題とは裏腹に…映画感想レビュー「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」評価ネタバレ注意。 #MOVIE

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 押井守監督作品のアニメーションのファンであったので、攻殻機動隊の実写化が決定した時は「見に行かねば!」と公開を待ち焦がれていました。すると何の偶然か友人も見たいという事だったので、休日に連れ立って見に行くこと…

最後はハッピーエンドで終わってほしいと願っていましたが…映画感想レビュー「信長協奏曲を見て、切なくて泣けてきました」評価ネタバレ注意。 #MOVIE

信長協奏曲を見て、切なくて泣けてきました。 テレビでもやっていましたが、やはり映画はスケールが違いました。本能寺の変をベースにしていたのですが、何とか最後は奥方と末永く一緒にいましたというハッピーエンドで終わってほしいと願っていましたが、や…

好きな人と見たアニメ映画です。映画感想レビュー「君の名は」評価ネタバレ注意。 #MOVIE

君の名は。好きな人と見たアニメ映画です。 普段からアニメをよく見ていて、『君の名は。』を知った時はまだ世間では騒がれる前でした。 新海誠という方の作品を様々見てきました。そのため、彼のTwitterを見て、『君の名は。』を知った時はかなりの興奮を覚…

テクノロジーに対する夢があり、丁寧に語られる謎があり、死者と…映画感想レビュー「ベイマックス」評価ネタバレ注意。 #MOVIE

ベイマックスを子ども向けと侮っていたら、すごい良くてびっくりした。 友人が、「ピクサーすごいよ!すごいよ!」とまるで出川哲朗のように褒めちぎっていたので、ベイマックスを見てみました。 本当なら一番有名なファインディング・ニモをみるべきなので…

見始めると、ずっと鳥肌が止まりませんでした!映画感想レビュー「君の名は。」評価ネタバレ注意。 #MOVIE

「君の名は。」を見て感動した! 最初は気にならなかったアニメ映画でした。テレビで特集されていて、思っていたアニメ映画とは違いなにかそそられるものがありました。

「人類を滅ぼす仕掛け」を、謎を解きながら追いかけ、暴いていく映画…映画感想レビュー「インフェルノ」評価ネタバレ注意。 #MOVIE

「インフェルノ」 トム・ハンクス主演 「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」に続く作品です 前2作に続く作品ということで、楽しみにして見にいきましたが、ちょっとがっかりでした。 設定がわかりにくく、誰が味方やら~誰が敵やら~混乱させる描き方で…

不思議な感覚を解明すべく小説本を購入し勉強してから改めて観に行きたいと思っています・映画感想レビュー「君の名は。」評価ネタバレ注意。 #MOVIE

話題の「君の名は。」を見終えて、不思議な余韻に浸っている。 8月下旬に公開し未だに人気が高い映画「君の名は。」は、どうしてそこまで人気なのかとても気になっていたので、映画を観に行きました。行く前に各テレビ番組で簡単なあらすじや人気の理由など…

感想レビュー「レナードの朝」奇跡の実話:医者(ロビン・ウィリアムズ)が、慢性神経病患者を受け持つ話・おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。

「レナードの朝」奇跡の実話で泣けた 人付き合いの苦手な医者(ロビン・ウィリアムズ)が、慢性神経病患者を受け持つ話。 患者たちはまるで傀儡のように抜け殻になってしまっている。しかしボールを投げたり、することには反射的に反応することを発見する。…

感想レビュー「遥かなる山の呼び声」最後のエンディング泣けてくる、泣けて泣けて、もう号泣である・おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。

はじめて「遥かなる山の呼び声」で号泣 高校の部活が終わり家に帰った、休日のため家には誰もいなかった、電気を付けて、習慣のようにテレビをつけた、飲み物を冷蔵庫から出したり、着替えたり、洗濯物を出したり、お腹が空いていたので何か食べるものはない…

感想レビュー「THE POSEIDON ADVENTURE(ポセイドンアドベンチャー)」海難事故を取り扱った作品としては最高峰だと今でも思っています・おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。

THE POSEIDON ADVENTURE(ポセイドンアドベンチャー) : ラスト泣けます。 この作品は同じ名前で何作品もありますが私は最初の作品、1969年に放映されたものが一番好きです。海難事故を取り扱った作品としては最高峰だと今でも思っています。洋画で初めてま…

感想レビュー「時をかける少女(アニメ)」子高生がタイムリープという能力を身につけていろいろ時間を移動・おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。

「時をかける少女(アニメ)」現代の技術水準のアニメのリメイク すごく自分の男性が見ても自分はちょっと涙目になってしまいました。 普通の恋愛ものようであり科学で起きるさみしさもあります。 でも最後はこうなってほしい未来への願い。

感想レビュー「タイヨウのうた」何度見てもエンディングでは泣いてしまう・おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。

何度見てもエンディングでは泣いてしまう、邦画「太陽のうた」。 観るものを決めずに映画館に行った時にたまたまやっていた映画でした。太陽に当たれば死んでしまう女の子の物語という説明を見て、医療職に就いていることもあり興味をそそられ観てみました。…

ひつじのメイとおおかみのガブの友情に感動しました…感想レビュー「あらしのよるに」おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。

あらしのよるに。ひつじのメイとおおかみのガブの友情に感動しました。 あらしの日に出会ったガブとメイ。風邪気味で鼻が利かない状態の二人はお互いの種族を誤解。 腹の中では食べることを考えるガブと脅えながらも友情を築くメイ。弱肉強食、食うか食われ…

宮崎駿監督シリーズの中で、この映画が一番好きな理由は…最後は、加藤登紀子の歌で…おすすめ泣ける映画感想レビュー「紅の豚」(ネタバレ注意)。

日本のアニメ映画「紅の豚」で泣きました。 宮崎駿監督シリーズで決して上位には名が上がらない「紅の豚」ですが、私はこのアニメ映画で泣きました。 一番有名なセリフに「飛べない豚はただの豚だ」というのがありますが、そこではありません。この映画は、…

感想レビュー「きみがぼくを見つけた日」時空を旅する運命を背負うヘンリーがタイムトラベルした先(過去)でひとりの少女クレアと出会い・おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。

映画『きみがぼくを見つけた日』目が腫れるほど泣きました 私のおすすめする泣ける映画は『きみがぼくを見つけた日』です。時空を旅する運命を背負うヘンリーがタイムトラベルした先(過去)でひとりの少女クレアと出会い、成長した彼女と恋に落ちる、時空を超…

感想レビュー「アイアムサム」ダコタファニングが出演、ストーリーは知的障害があるサム(ショーンペン)が娼婦と成り行きでできてしまった子供ルーシー(ダコタファニング)をひとりで育てる話・おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。

アイアムサム どの年代が見ても泣ける映画です。 アイアムサムはあのダコタファニングが出演していることで有名な作品だと思います。 ストーリーは知的障害があるサム(ショーンペン)が娼婦と成り行きでできてしまった子供ルーシー(ダコタファニング)をひ…

感想レビュー「真夏の方程式」福山雅治演じる湯川教授が、旅先で遇った殺人事件の謎を解明する話・おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。

真夏の方程式で泣けた…それぞれがもっていた秘密 この映画は福山雅治演じる湯川教授が、旅先で遇った殺人事件の謎を解明する話ですが、構成はとても深いです。三人家族とその甥が巻き込まれていく殺人事件ですが、そもそもは三人家族の娘が子供の頃に母親の…

感想レビュー「チョコレートドーナツ」同性愛者のダンサー、ルディ(アラン カミング)と同性愛者と言うことを隠す検察、ポール(ギャレット ディラハント)とダウン症の男の子、マルコ(アイザック レイヴァ)の愛情に関する話・おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。

「チョコレートドーナツ」って聞くと思い出してしまう映画。 ストーリーとしては同性愛者のダンサー、ルディ(アラン カミング)と同性愛者と言うことを隠す検察、ポール(ギャレット ディラハント)とダウン症の男の子、マルコ(アイザック レイヴァ)の愛情に関…

感想レビュー「かぐや姫の物語」絵柄のタッチや塗り方も筆で書いて塗っているような風合いでこれもまたいい・おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。

昔の物語って偉大!かぐや姫の物語に感動した!! スタジオジブリ作品で、2013年の夏に公開されたかぐや姫の物語。日本人ならみんな一度は絵本とかで読んだ事あるんじゃない?ってくらい有名な「かぐや姫」のお話をスタジオジブリが映画化したもので、テイス…

映画感想レビュー「バケモノの子」評価ネタバレ注意・面白いなと思った所は主人公の九太と熊徹が、出会って共に生活を始めたシーン。 #MOVIE

「バケモノの子」を観て感じた沢山の共感 昨年公開されたバケモノの子を、先日BDを借りて観ました。 アニメの映画ではありますが、公開された当時、すごく話題になっておりとても気になっていました。 私の職場はレンタルDVDを取り扱っている店で、DVDとBDが…

感想レビュー「あん:ドリアン助川原作」雇われ店主がつくるどらやき店のアルバイト募集にひとりの老婆が申し込みます・おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。

ドリアン助川原作「あん」〜人間の偏見に立ち向かう 桜咲く春のとあるどらやき店からストーリーは始まります。 いつもやりきれないような表情の雇われ店主がつくるどらやき店のアルバイト募集にひとりの老婆が申し込みます。

感想レビュー「西の魔女が死んだ」物語は、主人公の少女が、所属する中学校へどうしても通えなくなるところから始まります・おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。

映画「西の魔女が死んだ」で泣いた…祖母の愛情と少女の成長に、心打たれます。 映画「西の魔女が死んだ」の物語は、主人公の少女が、所属する中学校へどうしても通えなくなるところから始まります。少女はしばらくの間、田舎の祖母の家で生活することとなり…

おすすめ洋画・映画感想レビュー・ポール・ウォーカーの遺作「ワイルド・スピード SKY MISSION」評価・オーウェン・ショウの兄、デッカードとの対決するというストーリー…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

ポール・ウォーカーの遺作、 「ワイルド・スピード SKY MISSION」は一見の価値あり! 「ワイルド・スピード SKY MISSION」は、日本でも大人気の「ワイルド・スピード」シリーズの7作目です。 今回の作品では、前作で倒したオーウェン・ショウの兄、デッカー…

おすすめ洋画・映画感想レビュー「サウンド・オブ・ミュージック」評価・監督は巨匠ロバート・ワイズ、舞台は第二期世界大戦前夜のオーストリアのザルツブルグ…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

今見ても感動!「サウンド・オブ・ミュージック」 ミュージカル映画「サウンド・オブ・ミュージック」は1965年に公開されたアメリカ映画です。監督は巨匠ロバート・ワイズ。公開されるや世界にセンセーションを巻き起こした「ウエスト・サイド・ストーリー」…

おすすめ洋画・映画感想レビュー「LIFE!」評価・ベン・スティラー主演、ネガ管理部で働いているウォルターは毎日変わり映えのしない日々を…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

これまでと違う人生へ踏み出す勇気をくれる映画「LIFE!」(ベン・スティラー主演) 自分がぜひともおススメしたい映画は2014年に日本で劇場公開された作品「LIFE!」です。 有名な週刊誌「LIFE」のネガ管理部で働いているウォルターは毎日変わり映え…

おすすめ洋画・映画感想レビュー「ファール・プレイ」評価・ゴールディ・ホーン扮するサンフランシスコ在住の主人公のグロリアが、ローマ教皇の暗殺計画に巻き込まれ…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

笑って、ハラハラして、ちょっと胸キュン「ファール・プレイ」 映画「ファール・プレイ」は1978年に製作されたアメリカの映画です。ゴールディ・ホーン、チェビー・チェイス主演。内容は、ゴールディ・ホーン扮するサンフランシスコ在住の主人公のグロリ…

おすすめ洋画・映画感想レビュー「バーレスク:Burlesque」評価・クリスティーナ・アギレラ主演 ~元気が出ない時や、ちょっぴり凹んだ時に…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

『バーレスク』 クリスティーナ・アギレラ主演 ~元気が出ない時や、ちょっぴり凹んだ時オススメ! 元気が出ない時やお仕事に失敗しちゃった時にオススメな映画はこの「バーレスク」(Burlesque)。 あの「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人…

おすすめ洋画・映画感想レビュー「バック・トゥ・ザ・フューチャー」評価・不思議なタイトル。バック・フロム・ザ・フューチャーならば未来にタイムスリップして現代へ戻ってる…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

バック・トゥ・ザ・フューチャー・・・未来に戻る???。 なんと不思議なタイトルだろう。バック・フロム・ザ・フューチャーならば未来にタイムスリップして現代へ戻ってるSF映画なんだなぁ~と自然に受け入れられるが、この英文はとにかく[from]で…

おすすめ洋画・映画感想レビュー「ANNIE/アニー」評価・キャメロンディアスが意地悪なハニガンの役をし、歌を歌う…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

映画『ANNIE/アニー』2015年の現代版です。 アニーというとあのtommorow♪の音楽のイメージだと思います。私はミュージカルも映画もどちらも見ていましたが、現代版ということと映画券をいただいたので映画館へ見に行きました。 何よりも興味があったのが、…

おすすめ洋画・映画感想レビュー「岩井俊二 ヴァンパイア」評価・主人公サイモンの母親はアルツハイマーで、部屋から出て外を徘徊するのを防ぐために…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

岩井俊二 ヴァンパイア 日・米・カナダ合作映画 岩井俊二監督の外国を舞台とした作品です。岩井俊二の作品はどれも何といっても映像の美しさが魅力です。どこかレトロで、でも透明感があって独特の空気感です。 主人公サイモンの母親はアルツハイマーで、部…

おすすめ洋画・映画感想レビュー「ベンジャミンバトン」評価・産まれた瞬間からシワシワでおじいちゃんの姿で生まれてきた…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

命の大切さがわかるベンジャミンバトン 産まれた瞬間からシワシワでおじいちゃんの姿で生まれてきたベンジャミン… なぜそんな姿でこの世に生を受けたのかは分かりませんが、育ての親が愛情を与えながら老人ホームで育っていきます。 周りのご老人から私達と…

おすすめ洋画・映画感想レビュー「ブラック・スワン(ナタリー・ポートマン)」評価・ドキュメンタリーのような、一人の人間の人生を観ているような感覚に…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

ブラック・スワン(ナタリー・ポートマン)は、芸術作品です。 映画なのに、映画ではないような感覚に陥ります。 まるでドキュメンタリーのような、一人の人間の人生を観ているような感覚になります。 映画と言うよりも芸術作品です。

おすすめアニメ映画感想レビュー「となりのトトロ」評価・子供の夢がたくさん詰められており今の時代の子供たちにも大変お勧めです…(ネタバレ注意)。 #MOVIE #ANIME

となりのトトロは、宮崎駿監督の作品でも夢がありお勧めです。 宮崎駿監督の映画作品であるとなりのトトロは、彼の作品の中でも夢が子供の夢がたくさん詰められており今の時代の子供たちにも大変お勧めです。あらすじは田舎町に引っ越してきた父と娘二人の家…

おすすめアニメ映画感想レビュー「風立ちぬ」評価・宮崎駿監督の最後の長編アニメとなった作品…(ネタバレ注意)。 #MOVIE #ANIME

「風立ちぬ」は宮崎駿監督の思いのつまった作品です。 宮崎駿監督の最後の長編アニメとなった作品。同名の小説「風立ちぬ」と、宮崎駿監督が漫画連載していた「風立ちぬ」、またゼロ戦の設計をした歴史上の人物である堀越次郎の話を融合させた内容となってい…

おすすめアニメ映画感想レビュー「妖怪ウォッチ誕生の秘密だニャン」評価・敵は人間に冤罪を着せられ獄中死した悲運の女性が人間への憎しみから妖怪化したウバウネ…(ネタバレ注意)。 #MOVIE #ANIME

妖怪ウォッチ誕生の秘密だニャン!は子供に安心して与えられるアニメ映画 子供から大人まで大人気の妖怪ウォッチの劇場第一弾です。 単なる熱血な完全懲悪の押し付けではなく現代っ子特有の優しいけど腕力の無い長所も個性も草食系な主人公ケータと、可愛い…

おすすめアニメ映画感想レビュー「エヴァンゲリオン新劇場版破」評価・旧劇場版では出ることのなかった新キャラクターが、登場しています…(ネタバレ注意)。 #MOVIE #ANIME

エヴァンゲリオン新劇場版破は、個人的にはすきな映画です。 庵野秀明監督の代表的な作品。新世紀エヴァンゲリオンの劇場版の二作目です。尚前の一作品であるものに新劇場版序というタイトルのものがあってそれ以前にもファンの間で旧劇場版と呼ばれている作…

おすすめアニメ映画感想レビュー「ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム」評価・クレイアニメはスゴイ!(ネタバレ注意)。 #MOVIE #ANIME

ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム~ クレイアニメはスゴイ! 毎週、テレビで楽しんでいる『ひつじのショーン』が映画になったということで、久しぶりに見てきました。 いたずらっこのショーンをはじめとする羊や仲間たちと牧場主とのやり取りがテ…

おすすめアニメ映画感想レビュー「メリー・ポピンズ」評価・アニメーションと実写のコラボレーションは、今観ても新鮮…(ネタバレ注意)。 #MOVIE #ANIME

メリー・ポピンズは、思い出深い映画です。 幼少期にテレビ禁止だった家庭で育ちました。 そのなかでも、唯一観ることが許されていたアニメ映画が、ディズニーの「メリーポピンズ」でした。 かなり昔の映画ですが、アニメーションと実写のコラボレーションは…

おすすめ洋画・映画感想レビュー「キューティ・ブロンド」評価・リース・ウィザースプーン演じるブロンドでお金持ちの少女エル・ウッズの物語です…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

キューティ・ブロンド ー リース・ウィザースプーンの天真爛漫さが素敵 この映画は、リース・ウィザースプーン演じるブロンドでお金持ちの少女エル・ウッズの物語です。理想的な彼氏から、ハーバードの法学部へ行くため、もっとまじめな女性と付き合いたいの…

おすすめ洋画・映画感想レビュー「E.T.」評価・ドリュー・バリモアの可愛さが光った…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

E.T. − 幼い頃のドリュー・バリモアの可愛さが光った E.T.という映画を観に行こうと誘われた時は、かなり躊躇したことを覚えています。ポスターなどを見ると、なんとも言えない不気味なキャラクターが主人公らしい、とわかったからです。それでも是非と誘わ…

おすすめ洋画・映画感想レビュー「きみに読む物語」評価・老夫婦の病室のシーンから始まりその夫婦が結ばれるまでに…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

きみに読む物語はボロボロ泣けました。 きみに読む物語は、老夫婦の病室のシーンから始まりその夫婦が結ばれるまでに超えてきた幾多の試練をなぞる形で物語が展開していきます。お互い愛しあっているのに運命にいたずらで引き離され、それでもお互いのことを…

おすすめ洋画・映画感想レビュー「タイタニック」評価・約三時間という長時間なのにもかかわらず、あっという間に物語は進んでいきました…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

レオナルド・ディカプリオ&ケイト・ウィンスレット主演の「タイタニック」は本当の名作です。 「タイタニック」と言えば、誰もが一度は耳にしたことのあるタイトルとテーマ曲、そして、誰もが一度はみたことのある二人のあの名シーンが浮かびます。 私は学…

おすすめ邦画・映画感想レビュー「サラリーマン忠臣蔵(森繁久弥主演)」評価・新しく赴任した社長吉良の横暴ぶりに、前社長を慕っていたサラリーマンたちが一致団結して戦います…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

サラリーマン忠臣蔵(森繁久弥主演)なんでもっと早く見なかったんだろうと後悔しました。 最近見た邦画の中では、ダントツでおもしろかったです。新しく赴任した社長吉良の横暴ぶりに、前社長を慕っていたサラリーマンたちが一致団結して戦います。とは言っ…

おすすめ邦画・映画感想レビュー「まほろ駅前多田便利軒 (三浦しをん原作)」評価・主役の多田啓介役に瑛太、そしてこの作品の要になる多田の友人、行天春彦役に松田龍平と、演技力にこだわった配役…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

まほろ駅前多田便利軒 (三浦しをん原作)が、原作に忠実でオススメです。 もともとは本好きで、三浦しをんさんは特に好きな作家です。その三浦しをんさん著の「まほろ駅前多田便利軒」が、なんと映画化しました。 同著の「舟を編む」は、小説の中でも映画化し…

おすすめ邦画・映画感想レビュー「キュア(監督:黒沢清)」評価・頭の中をカリカリとひっかかれるようなサイコホラー…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

キュア(監督:黒沢清) 頭の中をカリカリとひっかかれるようなサイコホラー 奇怪な連続殺人事件。 被害者はいずれも首から胸にかけて大きくX字上に切り裂かれています。 連続殺人事件といえば、犯人は一人のはずですが、この事件は違います。 なぜか犯人は…

おすすめ邦画・映画感想レビュー「ルパン三世 カリオストロの城:宮崎駿」評価・人を思う温かい気持ちを思い出させてくれる…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

ルパン三世 カリオストロの城ー 宮崎駿 人を思う温かい気持ちを思い出させてくれる この映画は言わずと知れた漫画、ルパン三世シリーズの1つです。盗んだお札が昔痛い目にあった幻の偽札だと知ったルパンは、その出処を追ってカリオストロという公国へ行っ…

おすすめ邦画・映画感想レビュー「私をスキーに連れてって」評価・主人公の矢野文男(三上博史)が、仲のいい友人達と趣味の…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

私をスキーに連れてってーホイチョイ・プロダクション スキーに憧れない人がいないくらいの社会現象 これは、1987年に公開された映画でした。当時、スキーの人気はさほどではなく、一部の人たちがやっているスポーツ、程度の認識だったと思いますが、こ…

映画感想レビュー「幕が上がる」評価・主演がももいろクローバーZで演劇に情熱をもつ女子高生の友情や演劇に奮闘する笑いあり、涙あり…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

幕が上がるを観て本当に最高でした。 主演がももいろクローバーZで演劇に情熱をもつ女子高生の友情や演劇に奮闘する笑いあり、涙ありの青春映画です。所詮アイドル映画だとファンながら思っていました。大会の風景や練習風景などが見られて興味を持ちました…

映画感想レビュー「千年女優」評価・亡き今敏監督の最高傑作を観直す…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

アニメ映画『千年女優』。亡き今敏監督の最高傑作を観直す。 久しぶりに自分のコレクション映画のDVDを鑑賞。亡くなってしまった日本アニメ界の隠れた天才の作品、映画『千年女優』。物語は現代から始まり、とある『鍵』を渡しに昔大活躍した女優の元へ訪れ…

映画感想レビュー「リトルフォレストの夏・秋」評価・冬・春が公開された事と、一度漫画が見たかった作品だったのでツタヤで夏・秋を借りてみました…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

リトルフォレストの夏・秋を見て山にいって遊びたくなった。 テレビでリトルフォレストの冬・春が公開された事と、一度漫画が見たかった作品だったのでツタヤで夏・秋を借りてみました。漫画はよく再現料理を作ってみた、という本やサイトで見かける本です。…